おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.13 Wed
小松寺さんの屋根瓦葺き工事がはじまりました。

以前の建物は土の上に瓦をのせる「土葺き」でしたが、
今回は桟木に留め付ける「引掛桟瓦葺き」工法です。

「引掛桟瓦葺き」にすることで屋根重量を軽くでき、
また作業性もよくなります。

yane1.jpg


瓦は昨年当社でご自宅を新築して頂いた I 様が作製したものです。

yane2.jpg


葺き師さんは、お寺専門で仕事をしている方で、
当社の仕事は初めてなのですが、

「こんなにいい屋根場(屋根下地)は久しぶり」

とほめてもらいました。

yane3.jpg


平(ひら)は2~3日でできそうですが、棟(むね)や箕甲(みのこ:両側のななめの部分)
は手間がかかるのであと2週間ほどかかるそうです。


平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全



2008.02.11 Mon
先週末 I 様邸の上棟を行いました。

jotou2


諸般の事情で着工からここまで半年ほど時間が空いてしまっていましたが
ようやく建てることができました。

jotou1


これは建物の中央「大黒柱」となる通し柱です。
4方向から梁が差さることを「四方差し」と呼ぶのですが
どうしても欠き込みが多くなって柱が弱くなりがちなので、
そうならないように5寸角(15cm)の桧の柱を使用しています。
ちなみに古民家では8寸(24cm)~尺(30cm)角のものを使っていました。

32坪ほどの小ぶりのお宅ですが、耐震性も快適性も高い、
しっかりした住宅になる予定です。

jotou3


あと少しで完了と言うところで雪が降り出してきました。
雪の積もった屋根の上では作業ができず
やむなく中断になってしまいました。


平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全


2008.01.23 Wed
小松寺の大工工事が始まりました。

鉄骨の建方をして、結構時間がたちましたが、
放ってあったわけではもちろんなく、今までは、「きざみ」
という木材を加工する作業を工場で行っていました。


hafu.jpg  moya00.jpg

moya01.jpg  moya02.jpg


お寺から見下ろす位置に私も以前通っていて、
今は私の娘達が通う小学校があります。

その小学校の3年生の生徒達が見学に来ました。
作業の様子を見学した後の質問コーナーでは

「木は何本使ってあるんですか?」
「クレーンは何メートル届くんですか?」
「柱が赤いのはなぜですか?」

など、子供らしい質問がたくさんでました。
わかるように説明するのは大変でしたが、
子供達の元気を分けてもらったようで
楽しい時間になりました。

これをきっかけに子供達とお寺とのつながりが
深まるといいですね。

moya04.jpg  moya03.jpg



平田建設 岐阜県  新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全




テーマ:日記 - ジャンル:日記
未分類    Comment(2)  TrackBack(0)   Top↑
2008.01.19 Sat
今回は市街地では指定されている地域の多い
準防火地域についてです。

木造の場合(500㎡以下)、

屋根・・・不燃材料で造るか葺く。または、大臣認定を受けた物

外壁・軒裏・・・延焼のおそれのある部分は防火構造

外壁の開口部・・・延焼のおそれのある部分は防火戸または、防火設備

としなければなりません。

延焼のおそれのある部分とは、隣地境界線または、道路中心線から
1階で3m、2階で5m内側に入った部分のことで、
住宅規模の敷地なら、大抵は、半分以上の外壁面が該当します。

屋根は、通常使う瓦や鋼板は不燃材料なので問題ないですが、
カラーベストなどは大臣認定を取得した物か確認しましょう。
また、バルコニーの床も屋根と同じ扱いになります。

外壁の開口部とは、窓や換気扇などの穴のことで、
アルミサッシの場合は網入りガラスにするか、防火仕様の
シャッターか雨戸にします。

換気扇などの開口にはファイヤーダンパーという、一定の温度以上に
なると自動的に、炎が入らないようにふたをする装置をつけます。

次回は22条地域についてです。



平田建設 岐阜県 新築 木造 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全



2008.01.18 Fri
市内でお蔵の新築を手がけさせて頂きました。

kura02.jpg


7年ほど前にお寺の庫裏を建てさせて頂いたのですが、
A様はそのお寺の総代をされており、当社の仕事ぶりを
気に入って頂いて、ご依頼をして頂きました。

私たちの地域は今でもお蔵を持っている家は
たくさんあるのですが、どこも古くなって手直しや、
取り壊すことはあっても、新築で建替えることは
珍しいことです。

私もお蔵の設計は初めてだったのですが、
当社の生き字引、河村に手ほどきをうけて
図面を描きました。

お蔵には、その家で代々受け継いだ貴重な物が
納められるので、耐震や耐火には十分考慮しなければ
なりませんし、外観もそれらしいものにしなければなりません。

完成したお蔵のできばえには、満足して頂けたようで
大変喜んで頂けました。

A様ありがとうございました。


kura01.jpg


kura03.jpg




平田建設 岐阜県  新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。