おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.27 Mon
中国から輸入した使い捨て割り箸の危険性に関する記事を見つけたので紹介します。

口に入れるのは食べ物だけじゃない
危ない中国製「割り箸」

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070823/132912/?P=1
(全文閲覧するためには無料会員登録が必要です。)

その中でも特に気になったのが、割り箸を製造する際に使用した薬品に関する項目です。今まで特に気にせず使っていたのですが、割り箸の大部分が中国からの輸入品であることを考えると、これからの使用をためらってしまいます。

以下本文より抜粋
木製割り箸の生産工程は大別して3つに分かれるが、割り箸を衛生的に保つことは難しいのが現状であるという。

 その問題点は以下の通りである:

[1] 漂白:薬剤を加えた水で洗浄した後に硫黄で薫蒸するが、化学薬品の残留量を一定限度内に抑えることがポイント。防カビ効果期間を延長させるべく、一部の生産者は防カビ剤として大量の農薬を使うケースがある。

[2] 乾燥:滑石粉(タルク・パウダー)を加えて水気を除去して乾燥させるが、滑石粉は胆のう結石を誘発しやすいだけでなく、滑石粉に含まれる重金属が人体の血液や神経系統を損傷する可能性がある。<使用前に洗浄すれば、表面に付着している滑石粉を減らすことが可能である由>

[3] 艶出し:一部の生産者はガンの誘発物質である「多環芳香炭化水素」の工業用パラフィンを使用している。 

 なお、竹製割り箸の場合、生産工程は木製とほぼ同一だが、一番重要なのは乾燥であり、十分乾燥させて含水率を10%以下にすることができるかがポイント。乾燥工程で手抜きをして、十分に乾燥させないまま防カビ剤を投入してごまかす不埒な生産者の存在は否定できない。

平田建設 岐阜県 木造住宅 みの百年の家 新築
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/9-67d13f98
100円ショップなどで売っている外国製は、最近の報道によると防カビ剤や化学物質が検出されるなど、使用が大変心配です。国産の安心できる品物を探してこれにたどり着きました。お値段が大変良心的なのでまとめて買いました。健康と美味しいお料理つくりには欠かせない逸品
箸への思い 2007.09.07 Fri 08:43
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。