おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.07 Mon
木造2階建て程度の規模の建物を建築基準法の区分で
4号建築物といいます。

4号建築物には確認申請の時に建築士の設計であれば
構造関係等の書類の添付を免除するという特例があります。

つまり、構造関係の検討は、建築士が責任を持って設計するので、
審査はしないよって事なのですが、
これを取り違えて、審査しないのなら何をやってもいいと考える
業者が出てきました。
実際、耐震上必要な耐力壁が不足した建物が
いくつも見つかったそうです。

そんなこともあって、今年の末頃にはこの特例が見直しか廃止される
予定になっています。

この特例がなくなっても、実際に建てられる建物には変わりがないのですが、
申請時につける書類と図面が、またかなり増えることになります。

具体的には
・床面積求積図
・2面以上の立面図
・2面以上の断面図
・地盤面算出表
・基礎伏図
・各階床伏図
・2面以上の軸組図
・構造詳細図
・使用構造材料一覧表
・基礎・地盤説明書
・(杭工事)施工方法等計画書
・壁量計算書
・接合金物図面

これらの書類と図面を作成する時間と費用、申請後に審査する時間
は確実に増えていきます。

今までは、梁の組み方などは構造上問題がなければ、
施工時に変更できたことでも、これからは、変更確認申請が
必要になるかもしれません。
これにも、費用と時間が費やされますので、変更しないように
事前にじっくり計画しておかなければなりません。

今現在では、詳細はわかっていませんが、昨年の改正の時は
改正直前まで知らされない、改正後も運用法がわからない、
と大混乱しましたので、そのようなことが繰り返されないように、
慎重に準備した上で見直しなり、廃止なりして頂きたいものです。


平田建設 岐阜県 新築 木造 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全



スポンサーサイト
忙しくなりますね。CADにばかり向き合っていると、目や肩や腰、しまいには頭痛がひどくなったりしますよね。どうかお体お大事に。
アラジンのストーブは私も欲しいと思っています。
ちょっと高いので、今年は見送りましたが、来年はぜひぜひゲットしたいです!!
v-535
2008.01.10 Thu 17:10 URL [ Edit ]
octagon
>fukiさん

ご心配ありがとうごさいます。
設計者はこれから、責任は重く、仕事量はふえていきます。
ここ数年がふんばり時と思って気を引き締めて
がんばりたいと思います。

アラジンのブルーフレームは構造が単純で長く使えるので、
意外にお値打ちなのかもしれません。
うちはAmazonで購入しました。
2008.01.11 Fri 15:47 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/54-16d642ba
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。