おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.23 Wed
建物を建てる時にかかる規制はいろいろあるのですが、「道路斜線制限」と
いわれる高さ規制があります。

道路沿いの建物の高さを規制することで、道路が薄暗くなるのを防いでいます。

この規制は道路巾が狭くなると厳しくなるものなので、住宅でも狭い巾の道路
に面している場合は規制の対象になります。

それによって、建物の位置や屋根のデザインが変わってくることもあるので、
気を付けなければならないところでもあります。

しかし、数年前に「天空率」という考えが導入されて、それを使うことによって
今までではできなかった高さの建物も建築可能になりました。

「天空率」は簡単に言うと空を見上げたときに空中を建物が占める割合で、
道路斜線制限で建築可能な範囲(基準建物)と計画建物の天空率を複数の
測定箇所で比較してその全てが基準建物より小さい割合であれば、建築可能に
なります。

tenku.jpg


例えば、建物の横巾が小さければ高さが高くなっても空を占有する面積は
小さいのでOKですよ。ということです。

戸建住宅で天空率を使わないと建築できないということは少ないと思いますが、
これを使うことでデザインの自由度が広がりますので活用していきたいですね。


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/465-35d98835
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。