おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.24 Sat
6月20日の改正建築基準法によって倒産、廃業する建設会社が
顕著になってきました。年末年始に向かってまだまだ増えていく
と予想されています。

これは、建築確認申請書に添付する構造計算書の審査方法が
大幅に変わったためです。

アネハ事件で、審査機関に構造計算書を審査する能力がないことが
ばれてしまったため、一定規模以上の建物は審査機関のチェックに
加え、第三者による計算書のチェックを義務付けました。

しかし、チェックするのは民間の構造専門の設計士で人員が全く
足りていないので審査が追いつかず、半年~1年待たないと、
確認申請が降りてこないという状況になっています。

仕事はあっても着工できない、という状況の中で
資金繰りに行き詰まった建設会社から倒産しています。

また、住宅の着工数の激減も上記の原因でマンションが着工
できないことが、かなり影響しています。
例えば、一棟に50戸入ったマンションとすると、確認申請が一つ
降りないだけで50戸分のマイナスになるわけです。

先日、申請書に添付する大臣認定書の義務が緩和されましたが、
それだけでは、住宅の着工数の回復にはあまり関係なさそうです。

今は、まだ建設業界の問題のように扱われていますが、これから
どんどん様々な業界に飛び火していくと思われます。
例えば、住宅ができないと、家電が売れないとか、工場ができない
ので、新規雇用や設備投資ができないとか。

今回の行政の施策は、害虫を駆除するためにまいた農薬が、
益虫まで殺しているようなものだと思います。
しかし国交省は
「周知徹底を怠ったことは認めるが、方向性は間違っていない」
とコメントしており、急速な回復は見込めません。

今後の行政の対応や業界の動きには注目していきたいです。




平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/44-cda25d66
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。