おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.30 Thu
建物の耐震性は重量が大きく影響してきます。

軽い建物は地震時の揺れが小さく、重い建物は大きくなります。

建物を軽く造るためには屋根の素材を軽いもので葺くといいので、
ガルバリウム鋼板や、カラーベストなどがよいのですが、瓦屋根は
不利になります。

しかし、地元は美濃瓦の産地でもあるためか、「やはり屋根は瓦で
葺きたい」と言われる方のほうが多いですね。

瓦などの重い屋根にする場合は重量増による振動エネルギーの増加
分を吸収するためにその分、耐力壁を増やしたり、基礎を強化する
必要があります。

屋根材を変更すると見た目のイメージが変わるだけでなく、構造部
分が変わってきますので、工事が始まってからは変更できないと思っ
ておいたほうがよいです。(軽くなる分にはよいですが)

スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/379-91776db2
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。