おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.06 Mon
夏は風通しのため、冬は暖かい日差しを入れるために
建物の南に面した窓は、なるべく大きく採りたいですね。

しかし、敷地の南側に道路があって人通りや車通りがある
場合は、外からの目線のことも考えなければなりません。

建物の中に居る人はあまり気づいていなくても、夕暮れ以降
に照明を付けていると外からは中が丸見えになっていること
もあります。

道路から建物までの距離が離れていれば、生け垣や庭木等
で目隠しをすればいいのですが、距離があまりとれない場合
はそうも行かない場合もあります。

人目を気にしていつも分厚いカーテンをしていては、風も
通らなくなって大きい窓にした意味もなくなってしまいます。

そんな敷地条件の場合は、掃き出し窓ではなく、中窓にして
腰の高さから下を壁にすると、外から見える範囲がかなり狭く
なって、落着いて過ごせるようになります。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/364-6f9e70a3
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。