おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.21 Wed
9年前に建てた自宅の床はパインのフローリングです。

肌触りが柔らかく、暖かみがあり、色も落着いてきていい感じです。

針葉樹のフローリングは傷が付きやすいのが、欠点ですが、少々の
傷は気にしなければ大丈夫です。

しかし、先日息子がつけた傷はちょっとひどかったので修復してみる
ことにしました。

といっても、方法は簡単で、ぬれ雑巾をおいて半日ほど放置しておくと、
自然に木がふくらんで、傷が目立たなくなるのです。


DSC02180.jpg 

こんな傷も



DSC02181.jpg

この通り





DSC02183.jpg

こんな傷どうやって付けたんだ?と思いましたが




DSC02251.jpg

だいぶ目立たなくなりました。



一般的なベニアの表面に薄くスライスした木を張ったフローリング材は
材質も均一で仕上がりはきれいですが、一度付いた傷は、簡単には
戻せません。

こんなに簡単に修復できるのもムク材の良さですね。

傷ができて、あきらめていた方は一度、試してみて下さい。










スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/329-1599dfd6
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。