おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.09 Wed
高気密高断熱住宅では建物内部の温度が一定になるので建具で部屋を
仕切る必要はありません。

熱源を1ヶ所で暖房する場合は仕切ってあるとかえって熱が行き渡らず
寒い部屋ができてしまいます。

夏の場合は建物内の熱はロフトの窓から抜きたいので、やっぱり
仕切らない方がよいのです。

建具を閉めるのは、来客時などに目線を遮りたい時や、プライベートを
確保する時に限られてきます。

そうすると、普段、開け放しておいても邪魔にならない引き戸がいいですね。
敷居のない吊り戸式だと床面がフラットになってお掃除もしやすくなおよい
ですね。

間取りの都合上、建具を引込めない時以外はいつも引き戸にしています。
というか、なるべく引き戸になるようにプランしています。


IMG_1308.jpg






スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/298-65ec48d7
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。