おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.25 Fri
今年の3月に入居した愛知県のお客様のお宅に先日、温湿度計を設置して1週間が
たったので、回収してデータをまとめました。


glaf091224.gif


それがこのグラフなのですが、横軸が時間の経過で設置した朝9:30からスタートして
24時間毎に日付が入っています。

縦軸は温度変化です。
一番下の緑色の線が外気温で日中は7~8℃まであがりますが深夜は氷点下前後まで
冷え込んでいます。

その上のオレンジの線は床下の温度です。

デライト換気システムで常時換気されていて、常に空気が入れ替わっているのですが、
外気温の変化にかかわらず地熱で一定の温度になっているのがわかります。
12℃前後なので、今まで何棟か測定してきた内では若干低めの数値です。
地域的なこともあるかもしれません。

興味深いのがその上のピンクの線、室内温度の変化なのですが、これが一般的に
冬の快適温度といわれる20℃よりかなり低い位置で推移しています。

それでも、住んでいる方は寒いと感じていないようです。
着衣は一枚余分に着ている程度で、暖房は朝の1時間と夜7時くらいから
4時間ほど使っているだけだそうです。

実際私も中に入った時に、暖房の設定温度が低めかな?とは思いましたが
寒さは全く感じませんでした。

温度が低めでも快適に過ごせるのならそれにこしたことはありませんので
もう少し要因を調査してみたいと思います。





スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/171-f597221a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。