おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.09.04 Tue
建築基準法で「敷地」として扱うための大前提として、
接道義務というものがあります。

「建築物の敷地は、道路に2m以上接しなければならない。」(基準法第43条)

そして道路幅は4m以上と規定されています。(6m以上の場合もあります)
これは災害時に緊急車両が通るために最低限必要な条件ということです。

shikichi1.gif

前回でてきた1つの敷地に2つの建物を建てられない場合は、
この接道要件を満たすことが出来れば、登記上は1筆の土地でも
敷地を分けて考えることができます。


shikichi2.gif


この場合で気を付けなければないのは、上の図はいわゆる旗状敷地になるのですが
通路部分「 L 」の距離に制限があることです。
その距離は地域によって違うようですが、岐阜県では
30m以下かつ通路幅の1/10以下となっています。


平田建設 住宅 新築 木造 百年の家プロジェクト

スポンサーサイト
なか
とてもわかりやすいです。
大変参考になりました。
これからも素人にわかりやすい建築法の記事を書いてください。
がんばってくださいね。
2007.09.04 Tue 20:39 URL [ Edit ]
octagon
>なかさん
コメントありがとうございます。
更新のはげみになります。
リクエストやわからないことがあればどんどん書き込んで下さい。
全力でお答えします!(解る範囲で)
2007.09.05 Wed 08:48 URL [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/12-99c8db54
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。