おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.30 Fri
先日の見学会で大好評だった、ペレットストーブを紹介します。

今回採用したペレットストーブは金子農機(株)製ペレチカです。

上部のカバーを外すとヤカンなどが置けるようになっていて加湿器の代わりになります。
見学会の間中、運転していましたが、お湯を沸騰させるほどは熱くなりませんでした。

R0013954.jpg


燃料のペレットは高山市木質燃料(株)さんから購入しました。
送料が結構高いので、1シーズン分まとめて購入したほうがいいでしょう。


R0013979.jpg


このペレットは、おが屑・木端・古材などをこまかく砕いたものを乾燥・圧縮して製造された
製品です。固形化には木材の持つ成分「リグニン」が接着剤の働きをしているそうで、
つまんだくらいでは崩れないぐらいの固さです。

R0013974.jpg


上部後方のふたを開けるとペレットのサーバーになっていて、ここにペレット入れます。
15kgまで入れられるので、10kgの袋入りが丸ごと入るので便利です。
運転中はここから少しずつ自動で燃焼部へ投入されます。

「ウィィーン、コロン コロン」

という音が断続的に聞こえるので静かな部屋だと少し気になるかもしれません。

R0013983b.jpg


本体側面の操作パネルで運転・消化と、ペレットの投入間隔、空気量が設定できます。
タイマーも付いていますので、朝起きる前に点火することも出来るようです。


R0013986.jpg


2日間で15kgほどペレットを使用しましたので、ほぼ1時間で1kgくらい消費した計算に
なります。燃焼部の下に灰が溜まるので、定期的に掃除する必要があります。

R0013989.jpg


扉を開けたところ。

R0013992.jpg


扉を開けるとほんの少しですが灰が舞うのでハンディクリーナーを近くに置いておくとよいでしょう。


R0013991.jpg


背面の写真。外から空気を取り入れて、外へ排気するFF方式なので部屋の空気は
汚れないのですが、30cm近く後ろが空くので意外に場所をとります。


今回はお施主様たっての希望で、ペレットストーブを導入したのですが、
やはり、本物の火はいいですね。

窓から見える火を眺めているだけで時間が過ぎ去っていきます。
大昔、火を囲んで生活していた頃の記憶が呼び覚まされるような気がします。

感覚的には薪ストーブに近いのですが、それよりは遙かに手軽に扱えますし、
導入コストも半分ぐらいですので、薪ストーブを入れたいけど、薪を用意したり、
煙突掃除が大変だと思うような人にはぴったりの製品です。


スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://daikuten.blog114.fc2.com/tb.php/118-e467edaa
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。