おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.13 Mon
大雨などで山から地すべりや土石流などの災害に備えるために土砂災害
防止法という法律があるのですが、その中で特に土砂災害の危険の高い
区域を「土砂災害特別警戒区域」いわゆるレッドゾーンとして、
ここ数年で指定されています。

弊社もやますそにありますので気になって調べてみたらレッドゾーンで
はなかったですがイエローゾーンにはかかっていました。

下の画像の赤い斜線の範囲が弊社の近隣のレッドゾーンです。
けっこうかかっているところがありますね。

redzone.jpg

これから土地を買う方はもちろんこういった災害の危険性のある土地は
避けて探した方がいいのですが、問題は今すんでいる人です。

というのも、レッドゾーンでは建築の制限が設けられていて、土砂災害を
防止する擁壁をつくらないと住宅などの居室を有する建物は建築できない
ということになっています。

この防護壁が簡単にできるこのならばいいのですが、数百万から数千万円
はかかる大がかりなものが必要になるようです。

しかし、その防護壁をつくらないと、建築行為ができないということなので
今後、新築も増築もできず、改修か修繕をするしかないということになります。

つまり、修理するかリフォームしかできないということなんですね。

災害の危険のある土地なのでなるべく住み続けてもらいたくないという
意向なのでしょうが、今まで住んでいた人にとってはちょっと困ったことに
なりました。

関市に関しては最近レッドゾーンの指定が完了したとのことですので山の
近くに住んでいる方は一度調べておくといいと思います。

岐阜県はこちらの「砂防指定地などの区域をみる」から確認できます。


スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。