おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.27 Tue
年末になるとちょっとキレイにして年を越したいという需要が
あるので、毎年、小規模のリフォーム物件がいくつかあります。

今日も、トイレの内装と便器を取り替える工事をさせて頂きました。

こちらのお客様は大手ショッピングモールのリフォームコーナー
で話を聞いてきて、内容と値段がそれほど変わらないなら弊社で
と言って頂いて、そこのチラシを見せてもらいました。

内容をよく調べてみると、チラシに大きくのっている、15万円
のリフォームパック(便器と内装工事のセット)は、かなり安い
と感じましたが、ウォシュレットの機能がちょっとさびしいモデル
がセットになっています。

それで、ウォシュレットのグレードを上げていくと、弊社の出した
見積りでもそれほど変わらないようでした。

便器の選択肢も少なく、メーカーカタログに自分の気に入った
モデルがあっても選べないか、割高になるようです。
工務店ならカタログに載っているものならどれでも選べるのも
メリットです。

大手ショッピングモールで注文しても、そこの人は窓口だけで、
工事は提携先の工務店が来るのでしょうから、知らない人に工事
してもらうよりは、と考えるのは当然の流れかもしれません。

ただ、私たちの場合は話を頂いてから初めて動けるのであって、
わかりやすいチラシや、ショールームなどでお客様をその気に
させるということには、大手に太刀打ちできません。

そのあたりが我々工務店の大きな課題だと感じました。




スポンサーサイト
2011.12.22 Thu
ある程度の年数の経過した建物になると建替えかリフォームかで
迷う、ということはよくあるようでちょくちょくそういった相談を頂きます。

大規模なリフォームになると、工事にかかる日数も費用も新築と
それほど変わらないくらいかかることもあり、それならいっそ新築でと
思うところですが、住み慣れた建物に対する思いや、固定資産税の
負担増を考えると、簡単には決断できないのもわかります。

ただ、今までいろいろ建物を見てきた経験から言うと、昭和40年代の
建物は建替えたほうがいいようです。

この頃の建物はちょうど高度成長期にあたり、材料や人手が不足していた
時期で、今見ると、あまり建物の状態がいいといえないのです。

もちろん中にはしっかりとつくられている建物もありますが割合は少ないと
思います。

逆に昭和30年代以前の建物のほうがよい木材で造られているようです。

ただ、耐震性や省エネ性能には問題がありますので、リフォームをする
のであれば、水廻りの設備や間取りのことだけでなく、そういった基本的な
性能を上げていきたいですね。




2011.12.14 Wed
最近の洗面台はシャンプードレッサーが当たり前のように
ついていますね。

わたしも毎朝、寝ぐせを直すために活用しています。

shawa.jpg


気を付けていただきたいのはこのシャワーホースは10年前後で
必ず水漏れを起こすということです。

ホースは収納時はキャビネット内部にぶら下がった状態で、水受けが
ついているので、水漏れが起こるとその水受けからあふれてだします。


以前、水洗金具のメーカーに勤務しているお客様から聞いた話
によると、

ホースは製造工程で樹脂に可塑剤を混ぜてやわらかく曲がるよう
になっているのですが、これが徐々に硬くなっていって、いずれ
亀裂がはいり、水漏れがおこるそうです。

そのお客様はそれが理由でシャンプードレッサーは付けませんでした。

使わないという選択もいいのですが、あると便利なのは確かなので
使っている方は、こまめにキャビネットの中を点検しておいたほうが
いいですね。


2011.12.12 Mon
先週の勧進で「山の講」の資金を集めましたが、その後の
日曜日にどんどを作りました。

s-NCM_0128.jpg

山から竹を切り出し、わら縄で縛って固定します。
同じ校区の別の地区では子ども達だけでつくるところが多いようですが
私の地区では、子どもが少ないので、その父親が集まって作っています。

s-NCM_0129.jpg

組み上がったどんどは6m以上の大きさになります。
これにわらや柴をいれて完成です。

s-NCM_0140.jpg

そして、1週間後の土曜日の深夜、山の神様にお参りしてどんどに点火します。
もちろん、子どもも起こして連れて行きます。

よく乾燥していたようで、一気に燃え上がりました。

そうしたらしばらくしてサイレンの音が近づいてきました。

近所のアパートの住人が火事と間違えて通報したようです。
消防署には事前に届けを出してあったのですが、なぜか
伝わったいなかったようです。

s-NCM_0141.jpg

消防署員のかたや警察官もよくあることなのか、挨拶だけして
すぐに引き上げていきました。ごくろうさまです。

一夜明けて、男の子たちが公民館に集まるのですが、とりあえず、
そこでカレーを食べさせて、集めたお金の残金で市内の模型店に
ガンプラを買いに行くのが通例になっているようです。

s-NCM_0143.jpg

その後適当に遊んで解散という流れになっています。

この山の講は昔からずっと続いている行事ですが、いろいろ
形骸化していて、よくわからい部分が多いのですが、なんとなく
ずっと続いていくのでしょう。

子どもたちは楽しんでいたのでそれが一番ですけどね。




2011.12.09 Fri
年に一度の大仕事「経営事項審査」を受けてきました。

経営事項審査(経審)とは国、地方公共団体等が発注する公共工事を
発注者から直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない
審査です。

弊社でも年に一件くらい公共工事を請け負うことがあるので、毎年
経審をうけるのですが、書類の作成にかなりの労力を費やします
(担当者である私の妻が)。

経審の結果はこちらで公表されていて誰でも見られるようになっています。

経審を受けている企業は公共工事を受注できる資格があるといえるので、
ちゃんとした体制をとっている企業であるといえますし、
多少、知識があればその会社の経営状況がいいか悪いかわかるので
建設業者を選ぶときの客観的な判断材料の一つにはなります。

書類を整えるのは大変ですが、お客様に安心して仕事をまかせてもらえる
指標のひとつとして、経審は受けていきたいと思います。










2011.12.03 Sat
明け方近くにに「ドカン!!」という音がしたので飛び起きたら
息子がベッドから落ちた音でした。

息子のベッドは1mくらいの高さがあるので落ちれば痛いでしょうし
寝ぼけていてびっくりしたのもあるでしょうから、けっこう泣いて
いましたが、こちらもまだ眠いのでなんとか寝かしつけました。

朝、起きてからも「肩が痛い」と大げさに痛がっていたので、
念のため病院に連れて行ってレントゲンをとってもらったら、鎖骨
がボッキリと折れていたようで、全治4週間だそうです。

頭を打たなかったのは、不幸中の幸いというかまあよかったのですが
当分、運動はできないし、かがまないようにするためのギプスをいつも
付けていないといけないのは、かわいそうですね。

gibusu.jpg


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。