おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.09.28 Wed
一昨年前から始まった長期優良住宅。

「いいものをつくり、長く大切に使う」という考え方に共感して弊社も
長期優良住宅を推進しております。

中小工務店にかぎってですが、普及促進のため一棟あたり、100~120
万円の補助金が国から頂けるので、今までに2棟、現在建築中の住宅
で2棟、利用させてもらっています。

これは、長期優良住宅の仕様にするためのコストアップ分を吸収する
ために出してもらえるということでありがたく使わせてもらっています。

ただ、ちょっと解せない部分もあります。

この補助金は、工事着工前に申請して、完成後に完了報告と請求書を提出
することになっています。

年度ごとに締め切りがあるのですが、着工前申請の募集期間は長いのに、
完了報告をする期限はしっかり決められているのです。

例えば、年度のはじめ募集が始まった頃に申請すれば、完了報告までの
期間は長くじっくり工事ができるのですが、募集期間の締め切り間際で
申請すると、3ヶ月くらいの工期で完成させないと完了報告ができなく
なって、補助金がもらえないことになってしまいます。

いいものをつくることが目的であるなら、ある程度の工事期間は確保できる
ようにするべきで、補助金をもらうために突貫工事になってしまっては
本末転倒です。

いまの制度ですと、タイミングが合う人だけが補助金をもらえるという
公平性に欠ける仕組みになっているような気がします。

事務的な理由で締め切り日を決めたいというのは分かりますが、せめて
着工後○ヶ月以内に完了報告をする。というようにしてほしいものです。




スポンサーサイト
2011.09.25 Sun
昨日は、小学校では一年で最大のイベントともいえる運動会でした。

今年は次女が6年生と言うことで、応援団の副団長を務めました。

それだけでなく、組立体操や、選手リレーなど出番が多かったので
本人はとってもはりきってやっていました。


s-IMG_9454.jpg


応援する方も、次女と息子と2人のがんばる姿を撮影しようとすると
ほとんどすわっているヒマもないくらいです。

息子たち1・2年生のダンスの時にはなぜか、清流国体のマスコットキャラ
ミナモちゃんがやってきて一緒に踊ってくれました。

s-IMG_9516.jpg

総合優勝はしたけれど、応援合戦で負けてしまった次女と、優勝できなかった
息子と、それぞれ悔しい思いはしたようでしたが、いい想い出がまた増えたと
思います。

s-IMG_9564.jpg


2011.09.21 Wed
先日、耐震診断をした住宅の耐震補強工事がはじまりました。

s-DSC01479.jpg

耐震補強工事というと、特別な金物を使ったりして、高額に
なるようなイメージがありますが、20~30年ぐらい前の
建物であれば、それほど費用がかかるということもありません。

こちらのお宅も築30数年ですが、補助金を使うということも
あって、わずかな出費で工事ができそうです。

その頃の建物だと、耐力壁の量はどうしても足らないので耐力壁を
増やすことと、配置のバランスと引き抜き金物を設置すれば耐震基準を
満たすことができます。

つまり、考え方としては新築と全く同じです。

ただし、基礎がしっかりしていることが前提になりますので、基礎が
無いような古民家やコンクリートブロックの基礎になっているような
場合はその分費用がかさんでしまうので、場合によっては新築した方が
よいこともあります。


2011.09.18 Sun
娘たちがピアノを習っているためうちにはアップライトのピアノが
あります。

といっても、義兄の家にあった使わなくなったピアノを譲り受けた
ものです。

先日、年に1度の調律をしてもらったので、調律師さんに色々と話を
伺いました。

ピアノは大事に使えば50~60年は使えるということです。

それには、まず、直射日光を避け、風通しのよい場所に置くこと。
エアコンの直風も避けた方がよいということ。
やはり、年に1回はメンテナンスをかねて調律をするとよいと
いうことでした。

またこれは私の考えですが、アップライトピアノの背面は外部に面する壁
に接するようには置かないことです。これはどんな家具でも同じ事が
言えます。どうしてもそこにしかおけない場合は、少し離して空気が
十分通るようにしておくとよいでしょう。

ピアノも住宅も、その他の物も、正しく使ってしっかりとメンテナンス
をすれば、長く使いつづけられるということは同じだと思います。


2011.09.15 Thu
年に一度の安全運転管理者講習会に出席しました。

ここ数年は交通事故数が減少傾向だそうですが、高齢者の事故の割合が
増えているそうです。
お年寄りは動きがゆっくりだったり、思いがけない行動をすることもある
ので注意が必要です。

また、認知症のドライバーも増えているそうで、先日垂井町で保護された
おじいさんは、ご家族に連絡をとったら、京都から車できたということが
わかったのですが、本人は電車で来たと言い張っておられたということです。
何かあったらと思うと怖い話ですね。

その他に、実際に起こった事故の事例などの紹介がありました。
事故を起こすと家族を悲しませたり、まわりの人に迷惑をかけるということは
頭ではわかっているのですが、リアルな話を聞くと身にしみます。

やはり、安全運転を心がけて、加害者にならないのはもちろんですが、被害者
にもならないように気を付けたいですね。




2011.09.10 Sat
夏休みがおわって、通常日程にようやく慣れてきたこのごろですが
次女の自由研究が科学作品展で入選したという嬉しいお知らせが
きました。

タイトルは「熱をさえぎる色と素材」ということで炎天下にいろいろな
ものを外に出して温度を測ったものを比較しました。

瓦屋さんに、その話をしたら様々な色の瓦を持ってきてくれました。

s-DSC05160.jpg

色の違いによる違いはまあ、常識どおりで白い色が温度が低く、濃い色が
高いのですが、昔ながらのいぶし瓦が一番温度が低いというのには驚きました。

昔の人は経験上熱をさえぎる素材を知っていたのですね。

2011.09.06 Tue
美濃市内で住宅の建て替えを計画しているお客様の
現在住んでいる建物は築140年ほどの古民家です。

新築のプランの前には必ず市役所での事前調査をする
のですが、そこで、その建物が「伝統的建造物群保存
地区」内に位置していて「伝統的建造物」に指定されてい
ることが分かりました。

ようするに美濃町の「うだつの街並み」を保存するために
建築の制限をしているのですが、それがかなり厳しい制限
があるようで、伝統的建造物の建て替えは「かなり難しい」
ということです。

「難しい」けど「不可能」と言わないところに可能性が
あるように思えますが、11年前にこの規制ができてから
建て替えたり、取り壊した物件は1つもないそうです。

もちろん、ここまで言うからには、修理や改修には
補助金が出るのですが、順番待ちでしかも震災の影響で
それも今後どうなるか分からない状況だということです。

この厳しい規制のせいで若い人が居付かず人口の流出が
進んでしまい、保存する人が逆にいなくなってしまうと
役所の人もぼやいていました。

伝統的建築物を保存することは大切ではあると思いますが
住む人の気持ちを全くくみ取っていない行政のあり方は
やはり問題です。






2011.09.03 Sat
住宅を建てるのには土地がなくてははじまりません。

弊社にご相談いただく方でもこれから土地を探すという方も
当然いらっしゃいます。

そういう場合は土地を探すお手伝いもしますし、お客様が
持っている情報をアドバイスしたりもします。

24_n.jpg


不動産屋さんの出している土地情報も業界用語が多く、理解し
づらいですし、不動産屋さんの売りたい土地が、必ずしも住みやすい
住宅を建てるための条件に合うと限りませんので、設計・施工をする
側の立場でアドバイスをさせていただいています。

気に入った条件の土地が見つかれば、実際に現地に足を運んで
現地や周辺の状況を確認することもあります。

土地探しはタイミングもありますし、簡単には決まらないのは
当然です。

時間と根気の要る作業です。

しかし、その地に長く住み続けることになるわけですから、
なるべくたくさんの土地を見て、いい土地を探してもらいたいものですね。

弊社も精一杯のお手伝いをさせていただきます。




2011.09.01 Thu
最近は耐震について取り沙汰されることが多くなりましたが
建築では暴風対策も同じくらい重要です。

台風12号が近づいているので現場の方では対策におわれている
ところです。

祖父の代には伊勢湾台風が来て建築中の建物が何軒も飛ばされた
ということで、台風時の対策は念入りにしておくのが弊社の習わしに
なっています。

7539053_n.jpg

外壁ができる前の建物は特に注意が必要です。



Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。