おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.05.30 Mon
エアコンを購入するときにはふつう、取り付ける部屋の広さを
目安に機種の選定をすると思います。

カタログなどに「10帖~12帖」「木造10帖、鉄筋12帖」と記載
されているのはご存じでしょう。

しかし、この部屋の広さというのは、50mmのグラスウール
でサッシはシングルガラスという一昔前の住宅の仕様が基準に
なっているようです。

最近の次世代省エネ基準に適合した住宅とは断熱性能も気密性能
も全然違いますから、当然、カタログに書いてある広さよりも
広い部屋でも十分対応できます。

家電量販店で、「LDKが一体で吹き抜けがあって・・」と言うと
店員さんはとんでもなく大きなエアコンを勧めてきますので注意が
必要です。彼らは家電販売のプロかもしれませんが、住宅に関する
知識はそれほどあるわけではありませんから。

エアコンの能力は多少の余裕があるのはいいのですが、あまり大きな
ものになると省エネ効率が落ちきてきますし、エアコン自体も高額に
なってしまいます。

エアコンを選ぶときは住宅の性能も十分把握した上で選定すると
より良い買い物ができると思います。




スポンサーサイト
2011.05.26 Thu
近頃はあたたかい日が多く過ごしやすくなってきましたね。

車で移動中も窓を開けて走ると気持ちいい風が入ってきます。

エアコンも使わなくてすむのでガソリンの消費も少しは抑えられ
省エネにもつながります。

しかし、ふと周りの車を見回すと、窓を開けて走っている車は
意外に少ないことに気がつきました。

最近はオートエアコンの車が増えて、スイッチさえ入れておけば
勝手に快適な温度に制御してくれるので窓を開けることもないの
かもしれません。

夏の暑い時期や冬の寒いときには便利なのでいいと思いますが、
今のような快適な時期は少し窓を開けるだけで快適ですので
エアコンはオフにするように心がけたいですね。


2011.05.23 Mon
毎年恒例の魚つかみ取り大会がありました。

s-SN3J0520.jpg


今年は、息子も数日前から楽しみにしていただけあって
はりきって参加していました。

プールに放されたのは、金魚と鮎でどちらも泳ぐスピードが
速く、なかなか捕まらないのですが、たくさんの子ども達で追い
かけ回すとものの30分ほどでほとんど捕まえてしまいました。

終了間際に雨が激しく降り出してずぶぬれになってしまいましたが
楽しそうにプールの中を走り回る子供達の姿が見れたのでよかったです。

息子も今年はたくさん捕まえることができて満足そうでした。


2011.05.21 Sat
イモムシは本来イモの葉っぱを食べるガの幼虫を差すので
厳密に言うとイモムシではないのですが、幼虫をみるとつい
イモムシと言ってしまいますね。

s-DSC04713.jpg

今年は7匹とってきました。あまり多すぎると成虫になってからの
エサ代がバカにならないのでほどほどが大切です。

前からやりたかったのですが、蛹の様子が観察できるように今年は
個別の容器にいれることにしました。

s-DSC04718.jpg


光が入らないように黒い紙で覆っておくと、紙を取ったときによく見れる
ように蛹室をつくってくれるはずです。

s-DSC00590.jpg

まだ蛹になるにはしばらくかかりますがどうなるか楽しみです。


2011.05.17 Tue
先日書いた、オール電化の記事の中で「原発ありきのシステム」
と書いたところ、お客様から質問を受けましたので、もう少し
詳しく書いてみたいと思います。

オール電化はCO2排出量が少なくてエコであるという謳い文句
で宣伝していましたが、エコを目指して導入している方はほとんど
なく、光熱費を少しでも節約する目的で普及してきたのだと思います。

なぜ光熱費が安くなるかというと、家庭のエネルギー消費の割合が
もっとも高い「給湯」に深夜電力を利用しているからです。

では、深夜電力がなぜ安いかということなのですが。

原子力発電では電気需要に応じて発電量を変えるという制御ができません。
電気使用量の少ない夜間は電気を発電しても捨てるしかないのです。

そこで、捨てるよりは安くても電気を買ってもらえればということで
深夜電気温水器が出てきたわけですね。
さらに、それにIHヒーターを組み合わせることでガスを排除してオール電化に
なったというわけです。

ただ、深夜電気温水器では、トータルの光熱費はそれほど安くなく、以前は
ガスを使わないことの安全性や、IHヒーターの使いやすさを宣伝していた
ような気がしますが、効率のよいエコキュートが登場してからは電気料金の
安さで一気に普及が促進されました。

そうやって余った電力を売ることには成功したのですが、今度は
オール電化の普及が進んだことで、原発からの余剰電力では足り
なくなり、火力発電でも夜間の発電量を増やして対応しているという話です。
もうエコと言うこともできないのはないでしょうか。

今後は原子力に頼らない生活基盤を模索していくことになることを
考えるとやはりオール電化はおすすめできないという結論になりますね。


2011.05.14 Sat
静岡に等身大ガンダムを見に行ってから、子供の頃のガンプラ熱が
ふつふつとよみがえってきて、夜な夜な制作しています。

といっても30分くらいしか集中力が続かないので1つ作るのに
4ヶ月くらいかかります。

s-DSC04712.jpg

左が半年ほど前に作成したHGUC 1/144 MS-06S シャア・アズナブル
専用ザクII

右が先程完成したRG 1/144 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII

どちらも同じザクですが、右のRG(リアルグレード)は部品が細かく、可動
部分も多く、デザインも洗練されています。

でも気に入っているのはほぼ全塗装した左のザクなのです。




2011.05.12 Thu
新築を考えてい方の多くはオール電化の導入も検討していて、
それについての質問もよく受けます。

震災前は「現状ではトータルの光熱費はやはり安く抑えられますが、
原子力発電ありきのシステムなので、原発推進に繋がりますし、将来的には
どうなるかわかりません。」
というようなことを答えていました。

そう言ってもオール電化に興味のある方はたいていオール電化にされていました。

それが、こういった形でブレーキがかかるとは私も思いませんでしたが今後は
夜間電力も値上げが予想されますのでこれからはおすすめはできませんね。






2011.05.08 Sun
夏場のエアコンの使用量を減らすために西日の当たる窓の前に
緑のカーテンの準備をしました。
7月頃に窓を覆うくらいにするためには今からやっておかないと
間に合いません。

昨年はゴーヤを植えたのですが、子ども達がゴーヤを食べないので
今年は朝顔とキュウリを植えることにしました。

DSC00516.jpg

朝顔は種から、キュウリは苗を買ってきました。

DSC00512.jpg

ツルがでてきたらネットを張る予定ですが、水やりを忘れて枯らして
しまわないようにしないといけませんね。


2011.05.06 Fri
連休を利用して根尾にあるオートキャンプ場「NEOキャンピングパーク
で1泊してきました。

昨年まではテントで寝るのなんかまっぴらゴメンと言っていた奥様も
子ども達にいろいろな経験をさせるという大義名分の前でようやく承諾
をしてくれ、テントで泊まることに。

DSC00481.jpg

こちらのキャンプ場は設備が整っていて初心者ファミリーキャンパーには
もってこいの場所です。

そのせいか、小さな子供連れの家族がほとんどだったような気がします。

DSC00478.jpg

センターハウスの受付で釣り竿とバケツを借りて場内の釣り堀で釣りを
しました。

すぐに釣れるので、人数分のニジマスを釣るのに15分ほどしかかかり
ませんでした。

DSC00482.jpg

活きがよすぎてさばくのに苦労したようです。
この状態でもまだ動いていました。

DSC00497.jpg

キャンプに来てもいつもとあまり変わらない食卓ですが
いつもより盛り上がった食事の一時でした。





2011.05.02 Mon
自宅の近くにある「ふる里農園 美の関」のバーベキューハウスで
バーベキューをしました。

DSC00387.jpg

セットで予約すると食材だけでなく、割り箸や紙皿、タレや塩コショウなど
必要な物はほとんど用意してくれた上に炭まで起こしてくれていて、すぐに
焼ける状態になっているので本当に楽ちんです。

DSC00386.jpg

詳しいことは、ふる里農園直売場の入り口のところに掲示してあります。
こういった情報もホームページにも掲載されているといいと思うのですが・・・

DSC00465.jpg

2,000円のセットだと豚肉、鶏肉、トンちゃん、ソーセージと野菜、やきそばが
付いています。
大人8人、子供6人、幼児2人の団体でこれだけの食材が用意してありましたが
量としてもちょうどいいくらいでした。

飲み物と紙コップは持ち込みできますのでビールが足りなくなったら、近くの
サークルKまで歩いて行くといいでしょう。

DSC00466.jpg

地元の野菜は取れたてですし、肉は近所の食肉センターで加工したての新鮮な肉で
柔らかくおいしかったですね。
次回は地元で飼育している飛騨牛?のセットも食べてみたいところです。





Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。