おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.30 Tue
住宅プランの打ち合わせをすると子供部屋の要望で
多いのは6帖を2室で収納付です。

プランを作るときはなるべく想定される家具を配置して
おくようにしているので、子供部屋には学習机とベッド、
余裕があれば本棚を配置するのですが、6帖間にバルコニー
に出られるはき出し窓とクローゼットの扉、出入り口があると、
意外に家具を置くスペースが限られてくることに気が付きます。

6帖間の短辺が2.6m弱に対してベッドが2m強あるので
人が通るのに若干狭いし、クローゼット前には空間がいるし、
はき出し窓の前にベッドがかからないようにしたいし、学習机の
前にはイスの出し入れできるスペースがいるとけっこう困ることが
あります。

逆に、配置さえうまくできれば、4畳半でも子供部屋として、
十分に機能する空間にできるときもあります。

それで、家具を配置しながら調整するのですが、これがとりあえず
6帖の空間だけ確保して、家具のことは後で考えるということに
しておくと、実際、配置するときに入らない、ということもあると
思うので、気をつけて計画をしたいところですね。






スポンサーサイト
2010.11.28 Sun
地元子供会の旅行で蒲郡まで行ってきました。

近所の子どもたちとバスに乗っていく旅行は家族旅行とはまた
違った楽しさがあるらしく、子どもたちは楽しみにしていたようです。

行き先はラグーナ蒲郡と蒲郡オレンジパークでミカン狩り

ラグーナは初めてだったのですが、予想以上に楽しめました。
日曜だというのに人出が少ないのも待ち時間がなくてよいです。


DSC03578.jpg
観覧車より



ミカン狩りではその場でもぎたてを食べれられるのもいいのですが、
やはりそれほどは食べられませんので、持ち帰りようのカゴにどれだけ
詰められるかに専念していました。


DSC03617.jpg



子どもたちにとっては楽しみな行事なのですが、年々部落の子どもの数が
減ってきているので、この先はバスを出しての旅行が出来るかどうかという
ところです。


2010.11.27 Sat
バルコニーを希望される方は多くたいていの住宅にはついています。

何に使うかという質問をよくするのですが、大半のかたは布団干し、
洗濯物干しに、とおっしゃいます。

しかし小さなバルコニーでは家族構成によっては、干しきれず、
別の場所にも干し場が必要になるということになります。

それで結局あまり活用できていない方もおおいのではないでしょうか?

バルコニーもただ付いているだけではもったいないですよね。

せっかくつけるのであれば、用途を明確にして大きなバルコニーを
つけることをおすすめします。

逆に、中途半端な大きさにするくらいなら、逆に無しにするという
選択もあると思います。


IMG_7902.jpg



2010.11.25 Thu
水槽のお掃除係ミナミヌマエビがドジョウ水槽で繁殖していたはずが
いつの間にか減ってしまっていたので、追加投入しました。

購入したのはcharmさんで10gの量り売りのものです。

DSC03526.jpg


数えたら35匹入っていて3匹お亡くなりになっていました。
群馬県からはるばるやってきたことを考えればやむおえないでしょう。

さて、それを各水槽に分散させたのですが、ミッキーマウスプラティの入った
トイレ水槽は、ネオンテトラが10匹入っている上に、ミナミを6匹入れたので
人口過密状態になってしまいました。

DSC03530.jpg









2010.11.23 Tue
自宅のインターネット回線をフレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクスト
ハイスピードタイプに変更しました。

通信速度に不満があった訳ではないのですが、フレッツ光プレミアムを
契約してから5年がたち、通信機器を更新したかったのが一番の理由です。

今までは、ONU、CTU、VoIPアダプタと3つの機器が並んで、それぞれに
電源ケーブルとLANケーブルで接続していたのが、今回の工事で1台にまと
まって、すっきりしました。

DSC03498.jpg
フレッツ光プレミアムではひかり電話用機器を含めて3台

DSC03505.jpg
フレッツ光ネクスト用ONUはひかり電話も内蔵。
そのかわり二回りほど大きい












2010.11.22 Mon
悪徳商法・悪徳訪問販売のリフォーム業者は後を絶ちません。

悪徳かどうかの決め手は「効果がない」ことと「高額である」事だそうです。

例えば、無料で耐震診断をしますと言っててきとうな診断をした後に、補強が
必要と小屋裏に金物を取り付けていくという話。

小屋裏(屋根部分)は大地震で建物が倒壊しても屋根だけは残っていることが
ほとんどで、形状が安定しているため補強する必要は無い場合が多いのですが、
金額がそれほど大きくならないためか(それでも普通に工事するよりは高いはず)
意外に引っかかっている人が多いようです。

耐震診断は市町村が無料で受け付けていますので、もし不安があればそちらに
相談するようにして、飛び込みの無料診断には用心したほうがよいです。






2010.11.20 Sat
うちの校区ではボランティアによる子ども向け体験教室「ふれあいクラブ」
というのがあって、月に1日くらいのペースで、体験プログラムを企画しています。

今回は地元にある中日本航空専門学校さんで航空教室が開かれると言うことで
息子と行ってきました。

中日本航空専門学校さんは全国でも数少ない航空機の整備士等を養成する学校で
その道を目指す学生さん達が全国から集まってくるらしいのですが、実際中に入る
のは初めてで私も楽しみにしていました。

教室では、座学や模型作成、学内の説明、格納庫の小型飛行機を使った操縦法の
説明、最後にはフライトシミュレーターにもさわらせてもらいました。

盛りだくさんの内容で、子どもたちも満足したようです。

DSC03468.jpg


DSC03479.jpg


DSC03487.jpg


DSC03491.jpg








2010.11.18 Thu
昨日、業務用PCが起動しなくなってしまったので、もうこれはOSの
再インストールしかないかと思っていましたが、修復インストール
意外にあっさり直ってしまいました。

再インストールだと、アプリケーションを入れ直したり、プリンタなどの
設定でかなりの労力がいるのですが、それを覚悟していたのに拍子抜けでした。

このパソコンは3年半前に組み立てた自作機なのですが、自作機は高性能な
マシンを安価に入手できる反面、トラブルは自力で解決しなければならない
のがつらいですね。

しかし、何かある度にサポートセンターに電話したり、購入店に持ち込んだり
するのも大変なので、結局自力で解決することになるんで、同じ事なんですけどね。

メーカー製パソコンに買い換えることも一瞬考えましたが、もうしばらく使って
また、次も自作しそうです。




2010.11.17 Wed
設計の仕事は常にパソコンとにらめっこで、一日に10時間以上パソコンの前に
座っていることもざらにあります。

そんな、仕事にかかせないマイパソコンなのですが、最近調子が悪く、突然再起動する
ことが時々起こるようになりました。

それが、今日は 

電源ON → Windows起動画面 → 再起動 → Windows起動画面 → 再起動

という、ループに陥ってしまいました。

とりあえず、セーフモードでの起動はできたので、データのバックアップはなんとか
とれたのですが、それでは業務に支障が出るので早急になんとかしなければ・・・。


久々にピンチです。




2010.11.16 Tue
またまた東海耐震マイスター倶楽部なのですが、Lパワー工法という
耐震部材の設計施工講習会がありましたので参加してきました。


DSC03369.jpg


この耐震部材は耐力壁としての強さはそれほどでもないのですが、開口部を耐力壁に出来る
ということと、板バネなので復元力があり、制震的な作用をするという特徴があります。

耐震部材はいろいろな製品がありますが、耐震改修には、どれかひとつが使えればいいと
いうことはなく、場合に応じて使い分けをしていく必要がありますので、なるべく多くの部材を
使えるようにしておくと、いざというときに役に立つ時があると思います。

この部材もそのひとつとなりそうです。




2010.11.14 Sun
住宅の断熱性能においては外壁の開口部、つまりサッシの
断熱性は非常に重要です。

Q値計算をして建物の部分毎の断熱性を比較するとよくわかるのですが開口部の
熱損失の割合が大きいことに気づきます。

建物の熱エネルギーの1/3程が窓から逃げていくのです。

冬期は、熱が奪われて窓が冷たくなれば結露しますが、高性能なサッシにして、
内部を一定の温度以上に保った住宅では結露はありません。

「ペアガラスにしておけば大丈夫」という人もいますが、アルミサッシ+ペアガラスは
最低ラインと考え、予算が許す限り高性能なサッシにすることをおすすめします。

2010.11.13 Sat
弊社の所属するNPO法人東海マイスター倶楽部が主催する
住まいの耐震セミナーが開催されました。


DSC03354.jpg


講師としてお招きした東田さんは神戸で震災にあい、その時の様子を
語って頂きました。

実際に大地震に遭った方のお話はリアリティがあり、身近な人が建物の
下敷きになって亡くなったという体験談などは涙なくしては聞けません。

震災から15年が経過し、当時のことは人々の意識からは薄れてきている
ようですが、大地震はいつ何時やってくるかわかりません。

その時に、住まいが、家族を守ってくれるのか、命を奪う凶器になるのか
は、我々の手にかかっているということを改めて思い知らされました。

2010.11.11 Thu
住まいの構造改革推進協会の正会員は3年ごとに「耐震技術者研修」
を受講しなければならないため、名古屋国際会議場まで出かけて受講
してきました。

SN3J0473.jpg


CASBEE戸建て評価員の資格試験の時もここで受けたと思ったのですが
こんな巨大な象があったとは知りませんでした・・・。

さて、今回の講習は耐震についての考え方や、診断方法、柱の引き抜き力の
算定の仕方などで、3年前に受けたものと内容はあまり変わっていなかった
ような気がしますが、記憶が薄れてきていた部分もあり、いい復習になりま
した。

今週末は、VRテクノプラザで耐震セミナーもあり、一般の方の耐震相談も
受け付けています。今なら記憶が新しいのでどんどんご質問下さい!


2010.11.09 Tue
ホームネットワーク(家庭内LAN)が普及してきてました。

私が自宅を建てた9年前には住宅にLANケーブルを配線する
人はかなり少なかったようで、当時の電気工事屋さんは配線の
仕方も知らないくらいだったので自分でケーブルを買ってきて
配線した覚えがあります。

その頃とは、家電も変わってきて、プリンター等のPC周辺機器
だけでなくテレビやレコーダー、ゲーム機など様々なAV機器が
ネットワークに繋がるようになりました。

無線LANも進化してきて、通信速度の速い機器が安くなってき
ましたが、安定性や速度面ではやはり、有線LANにはかなわな
いので、デスクトップPCや据え置き型の機器は有線にしたい
ところです。

リビングや書斎、寝室などあらかじめ、ネットワークに接続する
機器がわかっていれば、そこにLANケーブルのコンセントを
配置しておのくで、住宅プラン図面にもPCの位置をはじめから
落とし込むようにしています。

2010.11.08 Mon
日本の就労者数の1割が建設業に携わっていると言われてるくらい、
建設関係の仕事をしている方はたくさんいます。

お客様と打ち合わせをしていても、親戚が水道屋だとか、左官屋だとか
と言う話もちょくちょくあります。

その一方で、自分の家の細かいメンテナンスの依頼先で困っているという
方が近所にも意外に多いような気がします。

住宅も長い間使っていると、交換しなければならない部品や修理などは
当然出てきますが、いざ頼もうとした時に、その家を建てた会社と疎遠に
なっていて頼みづらかったり、会社自体がなくなっていたりということも
あります。

かといって、全く知らないところに頼むのも気が引けるというのです。

弊社では、逆にそういった方からの依頼が増えているようなのですが、まずは
自社のお客様にメンテナンスの依頼先で困るなんて言われないように心がけ
たいと思います。
2010.11.05 Fri
弊社がお客様に向けて発信しているニュースレター「やますそ便り」も早いもので
もう2周年を迎えました。

お客様のお宅へ訪問したときなどに「読んでるよ」「がんばってるね」と言われるとうれ
しくもあり、励みにもなります。

と言っても私が受け持っているのは、全4ページの内の1ページちょっとで、ほとんどが
奥様の力によるものなのですが。

そのわずかな、私の書いている記事、「家電コーナー」を読んでいただいてる方から、
家電の相談を受けることが増えてきました。

家電はもともと好きで家電を購入するときは、結構下調べをしてから買うので、自分の
もっている家電についてはそれなりに知識はあるのですが、みなさんの疑問に答えら
れるほどではありません。

それでも、聞かれたからにはあまりおかしな答えもできませんので、今まで以上に家電
屋さんに行って知識を増やさないといけませんね。






2010.11.04 Thu
工務店の後継者を対象にした「後継者塾」に参加しています。

今日は、全3回の1回目で「金融機関との上手なお付き合い」
について講義を受けました。

建築に関する講習は普段から積極的に参加していますが、経営に
ついては、まだいまいちよくわかっていないところが多いので
こういった内容の講座はありがたいです。

次回は「決算書の読み方」だそうで、これもあまりよくわかって
いない分野なのでこの機会にしっかり勉強しておきたいです。

2010.11.03 Wed
トイレのミニ水槽には、余っていた外掛けフィルターを使っていたのですが
水槽の大きさに対してフィルターのケースが大きすぎてバランスが悪かった
ので大幅に変更することにしました。

今回は底面フィルター(スライドベースフィルター ミニ)と外掛けフィルター
(マスターパル ミニ)を 余っていたボトムインフィルター用のパイプと接続
パーツでつないでいます。

ニューアール 250という水槽はかなり小さいのでこれに合う底面フィルターは
これくらいしかないようです。

DSC03238.jpg



説明書通りのつなぎ方だと接続部分に隙間ができて底面フィルターからの吸い上げ
が少なくなるような気がしますが、これだと外掛けフィルターの吸水は全て、底面
フィルターからになります。

外掛けフィルターの内部も純正の交換マットは使わずにプラ板で3室に仕切りをして
リングろ材を入れています。

DSC03240.jpg


これで、水槽の中も外もすっきりした上に、ろ過能力も格段にアップするはずです。
しばらくは水質が不安定になると思いますので、注意が必要です。


DSC03241.jpg



2010.11.01 Mon
たまたまネットで見つけたのですが、私が設計事務所に勤務していた頃に
設計を担当した高級マンションの依頼主である建設会社が半年ほど前に倒産
していました。

設計したのは8年以上前ですが、設計事務所を退職する最後の仕事でもあった
ので今でもその頃のことはよく覚えています。

依頼主のI建設の事務所にも打ち合わせに何度も行きましたし、I建設の
当時の担当者とは、退職後も何度か、電話で話すこともありました。

その方たちも今となっては、どうされているのか知る術もありません。

不況の影響で、建設関係の企業の倒産が増えているとは耳にしていましたが、
いまいち人ごとのように感じていました。しかし、このように知っている会社
の倒産を聞くと、この不況の厳しさを改めて思い知らされまた気がしました。





Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。