おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.31 Tue
今年の夏はいつまでも暑いですね。
8月はほぼ毎日が熱帯夜だったそうです。

そんな夜はいくら窓を開けて風を通しても、外の温度も湿度も
高いので、あまり涼しくなりませんね。

そうすると、やはりエアコンをつけて寝ることになると思いますが、
エアコンはタイマー運転で深夜に切れるように設定するより、朝まで
つけたままにした方が快適に寝られます。

外気温と設定温度が近い時は、温度を上げる原因は人体からの熱が
ほとんどになるため、意外に消費電力も少ないはずです。

朝まで快適にぐっすりと休んで、昼間の暑さで消耗した体力を
回復するように心がけて下さい。

スポンサーサイト
2010.08.30 Mon
夏休み最後の日曜日。

早朝からの小学校の環境整備作業をこなしてから、思い立ってガンダムを見るために
静岡まで行ってきました。

IMG_8215.jpg


わずかな時間ですが、足に触ることもできました。

IMG_8232.jpg



併設の「静岡ホビーミュージアム」にも入館しました。

IMG_8363.jpg


年代ごとの模型の展示や最新の模型など模型好きならかなり見所が
いっぱいでした。中央にはコアファイターも・・・。

IMG_8326.jpg


東名高速の渋滞もあって、往復で10時間弱かかりましたが、充実した一日でした。

2010.08.28 Sat
IHクッキングヒーターのカタログを見ると、最近はオールメタル対応の
製品が以前より増えているようです。

オールメタル対応だとIHで使えないアルミ・銅の鍋ややかんが使える
ようになります。

IHは電気を流した時の抵抗で発熱しますので、従来の製品では電気抵抗
の少ないアルミや銅は使えなかったのですが、より大きな電流を流すこと
によって使用を可能にしたようです。

しかし、アルミ鍋などでお湯を沸かすと鉄やステンレスの鍋より効率が悪く、
より多くの電力を消費するようですし、IH自体電磁波が気になるのに、
電磁波の影響もより強くなるそうです。

製品自体も高額になるので、その差額で、鍋ややかんを全て、買替えても
十分おつりがくると思います。

積極的にオールメタルを選ぶ理由が全く見あたらないのですが、それでも
増えているとなると、売れているのでしょうか?

2010.08.27 Fri
最近の100円ショップは品揃えが豊富で便利なので、私も
たまに立寄るのですが、見ているだけでも楽しいですよね。

安いのでいろいろ買って帰った後に、やっぱり不要なもので
あったり、買った商品がすぐ壊れることもよくあります。

しかし、それでクレームをつけたり返品するようなことはあまり
ないと思います。

「まあ100円だから」と簡単に割り切ってしまいます。

クレーム対応には当然経費がかかり、それは商品の価格に含ま
れることになります。そこに経費を掛ける割合が少なということも
100円ショップの強みかもしれません。

一方、住宅や自動車などの高額商品は、問題が発生したら、真剣
に対応しなければなりません。それが安全性につながることであ
ればなおさらです。

しかし、そういった問題にしっかり対応できる体制を整えておく
にはやはり経費がかかります。

低価格を売りにしているハウスメーカーにクレームを言っても
ちゃんとした対応をしてもらえないとしても、それはしかたが
ないのかもしれません。100円ショップと同じなのです。

私たちが常に心がけているのは、いいものをしっかり造ることで
問題が起こることをへらすということ。

それがクレーム処理に掛かる経費を減らすことにつながるので、
結果的にはコストを抑えることもできますし、お客様の満足度も
高まります。

そう思って、日々がんばっております。

2010.08.26 Thu
美濃市の森林文化アカデミーで行われた住宅の温熱環境指標の
セミナーに参加しました。

次世代省エネ基準に適合する建物かどうかを判断する指標にQ値
(熱損失係数)とμ値(夏期日射取得係数)があるのですが、その
計算方法の解説とそこから発展して、冷暖房機器の必要能力の
算出法も講義していただきました。

Q値は住宅の断熱性能を表す指標で、μ値は夏の日差しの入り
にくさを表します。

どちらも省エネルギー性能を比較するのには便利ですので、今までも
独学で使っていましたが、改めて勉強し直しすことで、疑問点なども
解決できました。

冷暖房機器の能力も「だいたいこれくらいの能力の機器を入れれば
大丈夫でしょう」ということが多いのですが、計算で裏付けができれば
説得力がまします。

これからの実務でどんどん活用していきたいと思います。




2010.08.24 Tue
社内の女性陣がキッチンの話で盛り上がっていました。

やはり、キッチンに関しては女性の意見は参考になりますので、
ふんふんと聞いていたのですが、対面キッチンのコンロ後ろの
壁について議論していました。

最近はやりのオープンキッチンではIHヒーターのうしろに
ガラスのついたてのみで壁が無いというものが多いのですが、
女性陣の意見は、油はねで手入れが大変になるから、やはり
後ろに壁はあったほうがいいと言うことで一致していました。

kurasso.jpg
↑後ろに壁がない例



IMG_7693.jpg
↑後ろに壁がある例


油汚れが少ないIHヒーターでも油はねは、当然ありますので、
オープンになっていれば油は飛んでいき、ダイニングの床やテー
ブルを汚します。

キッチンに立つ人が孤立しないという意味では対面キッチンしか
ないと思いますが、コンロ前までオープンにする必要があるかと
言えば疑問です。

設備メーカーやハウスメーカーは利益率の高いフルオープンの
キッチンを勧めるかもしれませんが、長い間使っていると、見た目の
かっこよさより、使い勝手がよい方が満足度は長続きすると思います。

2010.08.23 Mon
たまたま通りかかった夜8時過ぎの商店街


s-SN3J0425.jpg



ほとんどの商店が閉まっていて、開いているのは某有名うなぎ料理店をはじめ
とする数店舗のみ。歩く人もほとんどいません。

それなのに街灯は煌々と灯っています。

これだけ省エネがさけばれる中、まったく無駄に電力を使っているようです。







2010.08.22 Sun
夏休みも終わりが近づくと、学校の整備作業が行われます。

長女の通う中学校では毎年1年生の生徒と保護者が行うことに
なっているとのことで、娘と一緒に行ってきました。

作業はグラウンド周辺の草刈りで、草刈り機所有者は持参する
ようにと連絡があったので、持って行ったのですが、草刈り機
部隊の面々は自宅近所の知った人が多かったですね。

中学校の校区の中でも私たちの住む地域の田舎率が高いという
ことです。

大勢で作業すると、短時間で雑草もきれいになくなり、気持ちよく
新学期が迎えられそうです。

そして、来週は小学校の環境整備作業です。

s-SN3J0426.jpg


2010.08.20 Fri
地元の盆踊り大会は自治会主催なので役員さんたちがかき氷やわたがし、
金魚すくいなどをやってくれます。

息子も金魚すくいをしたのですが、予想通りすくえず3匹もらって帰りました。

息子の「大きいのちょうだい!」の声に役員のおじさんは気前よく答えてくれて、
3匹とも流金を袋に入れてくれました。

金魚すくいでサービスでもらえるのはほとんどが単価の安い「小赤」で
「流金」や「出目金」は普通入れてくれませんよね。

おじさん太っ腹すぎ。

さて、持って帰って「小赤」だったらカメのおやつになるところなのですが、
さすが「流金」ではそんなわけにもいかず、とりあえずあまっていた水槽に入れて
おいたのですが、置き場に困ったので、トイレに置くことにしました。


s-DSC02660.jpg


トイレに入るのがちょっとだけ楽しくなりました。






2010.08.19 Thu
耐震マイスター倶楽部の会合がありました。

耐震建材のメーカーによるプレゼンと11月に予定しているイベントの
打ち合わせのあと会員工務店同士での情報交換を行いました。

そこで、「耐震補強の補助金が使いにくい」と発言される方がありました。

耐震補強で補助金を受けようとするとかなり厳しく書類をチェックされる
のと、基準も厳しいのでそれに対応するために余分にお金がかかってしまう
ということです。

このことは、私も以前から感じていて、あまり積極的に補助金を受けようとは
してこなかったのですが、皆さん悩みは同じようなところにあるようです。

2010.08.18 Wed
大手ハウスメーカーで営業をしていた人の話なのですが、

「お盆で親戚が集まると、そこでいろんなことを言われて
 計画が変わってしまうから、その前に契約をとれ!」

と上司から言われていたそうです。

確かに一理あるとは思いますが、家を建てるということは
大変なことなので、色々な人の意見も聞きたいでしょうし、
その中にも参考になることも多々あると思います。むしろ
弊社ではそういった機会は大切にしていただきたいと思っています。
というか、そんな発想はありませんでした。

ただ注意したいのは、アドバイスをもらってもそれはその人の
経験に基づいたことことなのであって、それが必ずしも今の家づくり
とは一致しているとは限らないということです。

住宅の性能も構造も数年で大きく変わっていきますので、5年前
10年前に家を建てた人の話は、参考程度にとどめておいた方がいい
かもしれません。





2010.08.16 Mon
お盆休みの最終日は夏休みの宿題の手伝いです。

息子の工作と長女の研究につき合わされました。

DSC02619.jpg


息子の工作は、夏休みが始まる前から割と具体的なイメージをもっていたようで
それを、どう形にしていくかを考えるだけだったのでそれほど苦労せず作ることが
できました。

どうみても、手伝ってもらって作ったのが丸わかりの作品ですが、まあ1年生は
みんなそんなもんですね。

長女のほうは、地元の川について調べるようで、下流と上流の水質調査と透明度を
測定してきました。

DSC02579.jpg


この川は私も子供のころからよく遊んだ川ですが、その上流がどこから流れてきて
いるのかあまり考えたこともなかったので、その源流が以外に近くあることを今回
知って、意外でした。

DSC02599.jpg


うちの小学生組は滝の下で修行中?だそうで

2010.08.15 Sun
お盆休みで1日やることも特になかったので、名古屋市科学館まで行ってきました。

混んでいるとは全く思っていなかったのに、入場するのに長蛇の列。

30分待ちでした・・・。

DSC02530.jpg


どうやら来春のリニューアルオープンを控えて、今月末で閉館するので、そのまえに
人気のプラネタリウムを見ておきたいという人で混んでいたようです。

中に入ると、特別展示の「ふしぎ!昆虫パワー」は混み合っていましたが、常設展示の
方はいつもより少し人が多いという程度でした。

こういうところに来ると、知的好奇心が刺激されて、大人も子供も時間が過ぎるのが
早く感じますね。

また来年、リニューアルするのが楽しみです。






2010.08.14 Sat
4日間連続の講習「構造設計技術者育成講座 木造コース」が
終了しました。

今回の講習を受けたからと言ってすぐに構造計算ができるように
なるわけでもないのでしょうが、講習を通じて初めて知ったこと、
再確認したこと、理解したこと、疑問に思ったこと等たくさんあり
ましたのでそれらは、今後の業務につなげていきたいと思います。


2010.08.12 Thu
「住まいの構造改革推進協議会」の岐阜地区の加盟工務店で立ち上げた耐震マイスタークラブ

春にスタートして徐々に活動が活発になってきました。

耐震診断に必要な測定器具の貸し出しやメーリングリストでの情報交換、秋には耐震相談の
イベントも予定しています。

今回は耐震マイスタークラブで購入した「実践 耐震リフォーム」というDVDをお借りしました。


DSC02520.jpg


弊社への貸出期間はお盆の間だそうなので、お盆休み中に見て次の加盟工務店にまわさないと
いけません。
なかなかおもしろい内容のビデオだということですので、みるのが楽しみです。

2010.08.10 Tue
今日から4日間、「構造設計技術者育成講座 木造コース」
を受講しています。

木造の構造計算をマスターしたい人を対象に開催しているだけあって
少し高度な内容の講習です。

半年前にも同じ内容の講習があって受講申し込みをしていたのですが、
申し込み多数で抽選になり、受講できませんでした。

今回はお盆前でスケジュール的に厳しいのですが、がんばってあと3日
受講したいと思います。


DSC02484.jpg








2010.08.09 Mon
夏休みと言えば、やはりざりがにつりですね!

近所の用水路でざりがにを捕まえてきました。


R0017396.jpg


今回はかなりの大物がとれて大満足

R0017400.jpg


大きめのプラケースに入れたのですが、ケースがせまそうです。



2010.08.08 Sun
「チャレンジ!七夕祭り」という地元の行事が行われました。

DSC02472.jpg


中学生ボランティアたちが企画運営して小学生や保育児にいろいろな
体験講座を開くというものです。

今年は、長女がボランティアに、次女と息子が体験教室に参加させて
もらいました。

DSC02473.jpg


息子たちが参加したのは「スライムを作って遊ぼう」で、薬品をまぜて
スライムを作りました。

中学生の進行なので、スムーズにとは言えませんが、がんばって子供たちに
教えていました。

これがおわったあと、長女が受け持つ「風車つくり」にも行ってきたのですが
忙しそうに子供たちの相手をしていました。

DSC02482.jpg


小学生も楽しそうに参加していたし、中学生にとってもいい経験になったの
ではないでしょうか。



2010.08.07 Sat
3年前に購入した我が家の洗濯機はT社のヒートポンプ式の乾燥機能
付き洗濯機です。

DSC02464.jpg


家電は今までいろいろ買ってきましたがその中でもこの洗濯機は最大
の失敗だと思っています。

洗濯機の機能自体は問題ないのですが、とにかくメンテナンスがしに
くいのです。

乾燥機能を使うと綿ぼこりがたまるのは仕方がないと思うのですが、
そのほこりを取り除く作業が非常にしにくい。

そして一番問題なのは、ほこりが溜まるフィルターが本体を分解しないと
外せないところに付いているということです。

DSC02461.jpg


このフィルターは2重になっていて上段のフィルターは簡単に取り外せるの
で毎回掃除をするのですが、その下にあるフィルターは分解しないと外せない
上にこれが目詰まりすると極端に乾燥能力が落ちてしまうので、半年に一回
はドライバーを握って作業しなければならないのです。
しかもすごく狭いところのネジを外さないといけないので泣きそうになります。


DSC02459.jpg
半年でこれだけよごれが付着します。




DSC02460.jpg
水洗いして乾燥させてから元の位置に納めると普通に
乾燥機能が使えるようになります。



なんでこんな設計になっているのか本当に疑問です。




2010.08.06 Fri
1件の住宅には様々な設備機器や部材が取り付けられますが
それらをお客様に紹介するためにカタログをお渡しします。

お見積もりを提示する時には、より具体的にご説明するために
該当する製品のカタログをそろえておきます。

キッチンやユニットバス、便器、サッシ、玄関ドア、外壁材
給湯器、などなど、積み上げると20cm以上にもなります。

もちろんメーカーから無料で取り寄せるのですが、分厚い
カタログの中の数ページしか使わないこともあり、資源の無駄
ではないかと思ってしまいます。

最近はWEBカタログも充実してきていますので、必要な部分のみ
印刷してお渡ししたりもするのですが、それでは該当機種の機能は
わかっても、それ以外の機種と比較できなかった、情報的に不十分
になってしまうこともあります。

何かいい方法はないかと思案中です。



2010.08.04 Wed
今年もツバメがやってきてヒナを育てています。

日に日に成長するヒナの姿はかわいらしいものです。


DSC02433.jpg


あるとき次女が長い間じっと巣を眺めていたことがあったので、
何をしているのか訪ねてみたら、ヒナが巣から落ちないか見張って
いるのだそうです。

その数日前に、一羽巣から落ちて死んでしまっているのを見つけて
今度落ちてきたら、保護して自分で育てるつもりでいたのです。

そうそうタイミングよく落ちてくるものでもないので、そのうち
あきらめたようですが、動物好きの娘らしい発想です。

それ以後は事故もなく育っているので、お盆前にはみんな巣立って
いきそうです。

2010.08.03 Tue
工業製品に規格があるように建築の材料にも様々な規格が存在します。

最近はメートルモジュールも増えてきましたが、木造建築は今でも、
昔ながらの尺を単位にしていることが多いのでこういった規格製品も、
910mmを基準にした製品と、1000mmを基準にしたものが流通しています。

例えば合板の大きさは910mm×1820mm、1000mm×2000mmとなりますし、
ジプトーンなどの天井材は1枚が455mm×910mmという大きさです。

構造材につかう木材の長さは1m単位で長くなっていきますが、これは
両端部を加工するとちょうど尺モジュールに合うのだと思います。

いずれにしても、規格を考慮していない設計では、特注材料が多くなったり、
半端な材料が多く出て、ゴミも増えるし、加工する手間も増えるのであまり
いいことはありませんね。

無駄の少ないスマートな設計をするためには、こういった規格も頭に置いて
計画することも必要です。





2010.08.02 Mon
地元自治会で夏祭りが行われました。

3世代がふれあう行事として毎年恒例の行事なのですが、
実際には、お年寄りはお年寄りで子どもたちは子どもたち
で盛り上がっています。

我々の世代はというと、ひたすらバーベキューを焼いて給仕する
というなかなかつらい行事でもあります。

DSC02427.jpg


それでも全村民が集まる貴重な機会ですし、花火やビンゴ大会で
盛り上がるので、子どもたちは毎年楽しみにしています。

DSC02429.jpg



したがって親世代はがんばらねばならないのです。



Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。