おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.31 Wed
家電製品は電子制御が多くなったため最近は直流で動作するものが
多くなりました。

しかしコンセントは交流ですので、機器ごとに直流に変換しています。
エアコンや冷蔵庫などインバータ制御のものなどは「交流 → 直流 → 交流」
と2度変換しているものもあります。

ここで問題なのは変換する時にエネルギーロスが生じていて5~10%はむだに
電気を消費しているということです。

発電所から遠い距離を送電するには電圧を変化させやすい交流でないと
仕方がないのですが、最近は家庭内で発電する技術が出てきてちょっと
事情がかわってきました。

太陽光発電やエネファームはもともと直流で発電していますし、バッテリーも
直流ですので、発電して余った電気を蓄えておくこともできます。

家電メーカーでは住宅を直流電化する取組みを提案しているところもあるよう
ですし、直流電化で電磁波による健康被害を軽減することも出来るという話も
聞きます。

規格上クリアしなければならない問題も多いと思いますが、省エネ化を進める
ためには効果的なので、近い将来に実現する可能性は高いのではないでしょうか。

スポンサーサイト
2010.03.29 Mon
小屋裏空間の有効利用と言うことでロフトをいつもおすすめしています。

ただ、あくまでもおまけ的な考えですので、構造的にも予算的にも無理のない
範囲で設定するようにしています。

そのため、高さが法令限度の1.4mとれないこともありますし、平面的にいびつ
になることもあります。それでもロフトがあるとちょっとゆとりがあって、
うれしいですよね。

以前はハシゴなどの移動式の階段しか認められていませんでしたが、最近は
地域によっては固定式の階段も認められるようになってきたので、そういった
リクエストもちらほら聞くようになりました。

ハシゴより上り下りしやすい階段なら利用価値もさらに上がりますね。


IMG_7806.jpg


DSC00316.jpg



2010.03.28 Sun
車を買ったらまずすることいったら、カーナビとETCユニット
の取付です。

メモリ式のナビが登場してから内蔵タイプのナビもずいぶん
安くなりました。ETCユニットと合わせても補助金の分でお
つりが来ました。

まずはセンターコンソールのパネルを取り外して各アンテナを
ダッシュボードの裏側に取りまわします。

DSC00815.jpg


固定金具をユニット本体に取付けて裏面に各種配線を接続します。

DSC01013.jpg


ユニットを納めて、各信号が認識されてるかを設定画面で確認したら
パネルを元通りにはめ込んで完了。

DSC00818.jpg


この車種は割と作業しやすかった方ですが、ここまでで2時間程度で
できました。

内装パネルの脱着に多少コツがいりますが、ナビの取付は意外に簡単に
ですので興味のあるかたはチャレンジされてはいかがでしょうか?


2010.03.27 Sat
長女の小学校卒業につづき長男も保育園を卒園しました。

うちの子どもは3人とも1才半から保育園に通園していますので
長女の入園から通算10年間お世話になりました。

先生方は子ども達の心の成長を特に大切にしてご指導下さいました。
また、難しいことにもチャレンジさせてくれ色々なことができるようにも
なりました。
いつも、夫婦で「保育園には足を向けて寝たらバチが当たる」と話して
いましたが本当にそれぐらいよくやっていただきました。

4月からは足を運ぶことも少なくなり、少し寂しいですが、
小学校の隣にあるので、息子を連れてまた遊びに行きたいと思います。


DSC00970.jpg

2010.03.25 Thu
昨晩、工作して作った物を懐に入れて会長としての最後のお勤めに
行って参りました。

DSC00902.jpg


娘をはじめ卒業生たちの希望に満ちたまぶしい笑顔が印象的でした。

卒業おめでとう。



2010.03.24 Wed
ワープロ打って

プリントして

切って

貼って

たたんで

包んで

明日の準備完了です!

CIMG4072.jpg



2010.03.23 Tue
技術が飛躍的に発展するときは何かのきっかけが働いて
いることがよくあります。

建築で言えば、阪神淡路大震災を契機に耐震技術が発達
しましたし、昨年のオイルショックでは省エネ化の技術に
対する関心が高まりました。

太陽光発電についても同様で、今までの5年間は補助金の
打ち切りなどもあり割とゆっくりとしたペースで性能アップして
来たようですが、ここのところの関心の高まりで、新しい技術が
どんどん開発されてきているようです。つまり、これから5年後
には、かなり進歩した製品が市場にでまわっている可能性が高
いと予測できます。

今、太陽光発電システムを検討している人はもう少し待ってみる
といいかもしれませんよ。



2010.03.22 Mon
うちの奥様用に小型車を買いました。

DSC00877.jpg



ちょっとマイナーな車で国内メーカーのハンガリー工場で生産している
逆輸入車です。走っていてもほとんど見かけることのない車種です。

小型車の割に安全性を重視した装備やシートのよさ、足回りのしっかり
した感じが決め手になりました。

結構、お値打ちだと思うのですが、今だと補助金ももらえるのでさらに
お得に買えました。

2010.03.20 Sat
「すべての建築士のための総合研修」を受講してきました。

といってもすべての建築士が受講するわけではなく、すべての
建築士が受講しておくといいですよぐらいでしょうか・・。

午前は「法規」「環境」午後から「ビジネス」「戸建て住宅」と
丸一日の講習ででした。午前の講義は概論ばかりで眠くなるの
をこらえるのに必死だったのですが、午後からは実践的な内容で
参考になりました。

講習会も最近本当に多くて、自分の関心のあるものを中心に参加
するようにしているのですが、それでも内容に当たり外れがある
のも事実です。

今回は割と当たりでした。




2010.03.18 Thu
ふだん設計の仕事をしていると、知り合いの業者から設計の依頼を
受けることもあります。

最近は少なくなったと思いますが、個人の大工さんが一軒の住宅の
全ての工事を請け負うこともあります。
そういう方はやはり書類関係の仕事に疎いので、建築確認申請のお
手伝いをしたりもします。

建築中の建物は建築士が工事の内容を完成までチェックする工事監理
という業務があって、資格をもっていない大工さんだとそれもまとめ
て引き受けなければならなくなります。

今回、そういった仕事を頼まれまして、ふだんお世話になっている方
なので快く引き受けたのですが、通常の業務の合間をみて、その大工
さんの現場にも足を運ばなければなりません。

大変ですが、引き受けた以上は、工事の最後まで図面どおりに出来て
いるか見届ける責任があるわけです。

ただ、ふだんとは違う視点で現場をみると新しい発見もあったりして
勉強にもなることもありますので、たまにはこういった業務もいいかも
しれません。





2010.03.17 Wed
昨日あたりから花粉症の症状が出だして
今日はちょっとひどいです。

昨晩、久々に自転車に乗ったのですが、
マスクをし忘れたのが原因でしょうか?

明日から気をつけねば・・・。

2010.03.16 Tue
省令準耐火・フラット35Sについての勉強会に参加してきました。

その他にも、エコポイントや長期優良住宅の話もありましたが、
メインはフラット35Sについての話でした。

フラット35は長期固定金利のメリットはあるものの、窓口となる
銀行の利益が少なかったり、設計審査の基準や事務手続が煩雑だっ
たりで、ここ数年は利用者は減っているようでした。

しかし、フラット35Sの金利優遇が発表されてから申込みがかなり
ふえているそうです。

金利優遇されるための条件はいろいろあるのですが、木造住宅の場合
利用しやすいのは、省エネ等級4の仕様にしておくことで、

当初10年間 1.0%引き下げになり、同時にエコポイント対象の
証明にもなります。

さらに、フラット35S(20年金利引下げタイプ)だと、当初10年間
1.0%引下げの後20年目まで0.3%引き下げになります。

これには長期優良住宅の認定をとるといいようです。

ただ、この金利引下げも政府の支援で行っているそうなので、今のペー
スで申込が続くようだと、予定期間が終了する前に予算を消化して締め
きられてしまう可能性もあるといっていました。

これだけ金利が違うと返済の総金額は大きく変わってきますので、殺到
するのもうなずけます。

長期優良住宅の今年度の補助金についても予算が付くのは確定したよう
ですので、こういった政策の利用を考えている方は今の内から計画を
すすめていくと後であわてなくてすみますよ。

2010.03.15 Mon
毎月15日は社内で現場の安全について話し合う安全会議の日に
あてています。

今日はそこで、工事関係者以外の工事現場の立ち入りについての
話になりました。

工事現場というと、興味のある方はつい見てみたいということで中に
入ってしまうこともあります。

しかし、現場内はきちんと管理されていても危険な箇所があちこちに
あるので、そこで、万一ケガをされると大変なことになってしまいます。

もちろん、各種保険には入っていますので、いざというときの補償は
できるのですが、それでは解決できないこともあると思います。

やはり当然のことなのですが、工事現場は安全第一ですので関係者
以外は立ち入り禁止にして、見学をされる方は職員がかならず立ち会
って、対応する。安全が確認できない場合は申し訳ないがお断りする
という結論になりました。

ということですので、見学をご希望の方は、まずはお問い合わせ下さい。

2010.03.14 Sun
ウーパールーパー用の新しい水槽を立ち上げてから
1週間が立ちました。

水質を測ると、亜硝酸塩も硝酸塩も検出されたので
バクテリアは活動を開始しているようですので
うぱを移し替えました。

DSC00825.jpg


隠れ家用に入れた素焼きの土管を見つけて早速入って
いました。

水質はまだまだ安定しているとは言えないのでしばらくは
こまめにチェックして水替えをしたいと思います。




2010.03.11 Thu
息子は絵本を読んでもらうのが大好きで、毎晩寝る前に絵本を
持ってやってきます。

以前は「はらぺこあおむし」や「じごくのそうべえ」が好きで
何度も読んだのですが、今のお気に入りは「給食番長」です。


kyushokubansho.jpg



強烈な絵柄ですが、給食を作る人の気持ちを学ぶ場面もあり
食育にもなります。

来月の誕生日には同じ作家さんの書いた絵本「おそうじ隊長」
と「あいさつ団長」を買ってもらうと言っているくらい好き
なようです。

2010.03.09 Tue
昨日に引き続き断熱材のお話になりますが、弊社で施工する物件では
パラマウント硝子工業の「SUN-E」というグラスウール断熱材を使用しています。

グラスウールの断熱材というと古くから使われていて20年ぐらい前の
建物のリフォームで壁をめくると入っていることが多いです。

IMG_2134.jpg


この建物は全体的にあまりいい工事がされていなかったようですが、
断熱材は一応入っていました。

IMG_2133.jpg


しかし、めくるとカビで真っ黒になっていました。防湿層がありませんので
壁の中で結露が起きていたことが想像できます。

IMG_2162.jpg


この写真も同じ建物の別の外壁なのですが、なぜかこちらの断熱材には
室内側に油紙のような防湿層と、外部側に遮熱層がついています。
そのおかげか、カビは生えてはいますが上の写真ほどひどくはないようです。

グラスウールの断熱力自体は結構高いのですが、隙間のないように施工
しないとせっかくの断熱力も発揮できませんし、防湿をしないとこのように
結露してカビてしまいます。

少し前までは大半の建物でこういう状況だったため、グラスウール=安物で
効果がないという認識が広まってしまったようです。

きちっと施工すれば、安価で高い断熱力を発揮できるいい断熱材だと思うの
ですが。


R0013826.jpg


この写真は弊社で工事した建物です。冒頭で紹介した「SUN-E」に
防湿施工がしてあります。この商品を使うと隙間がほとんど出来ない
うえに施工性もよいので、職人さんたちにも好評です。


2010.03.08 Mon
住宅版エコポイントの申請受付が本日より開始されました。

この制度が発表になってから、あちこちでエコポイントの対象に
なる断熱方法の業者向け講習会が開かれるようになりました。

新築の場合のエコポイントの条件は今までもお伝えしているとおり
次世代省エネ基準適合ですので、特に難しいことはないと思うのですが
実際は、次世代省エネ基準の内容を知らない建築業者が多いのです。

使用する断熱材の種類と厚さの組み合わせを建材屋さんが調べて、
建築屋さんに配っているところもあります。

省エネの基準は必ずクリアしなければならないということではないので
高気密高断熱住宅に取り組んでいるところでないとそれもしかたがない
ことなのかもしれませんが、そういった業者がにわか仕込みの知識で
基準を満たすためだけの施工をすると問題が起こりそうです。

つまり、結露対策についてなのですが、断熱材は厚くすればするほど
壁内結露の危険性が高まります。

十分な結露対策をしておかないと、数年後には壁の中が湿ってカビが
発生したり、シロアリの発生も考えられます。
湿った断熱材は断熱力も低下しますので、せっかく厚く入れた断熱材
も効果が弱くなってしまいます。

建築業者を選ぶ時には、そのあたりの知識をしっかり持っているかどうかを
確認するべきです。

2010.03.07 Sun
昨年の秋に我が家にやってきたウーパールーパーのうぱちゃんですが、
半年ほどで成長して、当初の3倍の15cm程になりました。

DSC00787.jpg


さすがに今の小さな水槽では手狭になってきたので新しい水槽を用意
することにしました。

CIMG4013.jpg


今回購入したのはテトラ社のAG-51GFという水槽セット。
水量は今までの8倍ほどになりますので今より大きくなっても大丈夫なはずです。

とりあえず、水槽をセットしてカルキを抜いた水を入れたので1週間ほどフィルター
を空回しして、濾過バクテリアが機能しだすまで放置します。

水槽と一緒に水質をチェックする試験紙を購入しました。

この試験紙1枚でペーハー、炭酸塩硬度、総硬度、亜硝酸塩、硝酸塩、塩素濃度
の6種類が1度にチェックできる優れものです。

CIMG4011.jpg


家にある他の水槽も調べてみましたが、カメの水槽とウパの水槽の硝酸塩濃度が
かなり高いようでしたので早速水替えをしました。


2010.03.05 Fri
6年生を送る会にご招待していただいたので出席してきました。

DSC00781.jpg


各学年、趣向を凝らした歌や演奏や贈る言葉などでもうすぐ
卒業する6年生に感謝の気持ちをつたえました。

5年生が中心になって会の準備をしてきたそうで、がんばっている
姿が印象的でした。この会を通じて次は自分たちが最高学年になる
という自覚もできてきたように思えました。

子ども達の元気いっぱいの発表を見て、こちらも元気をもらったよ
うな気分になります。

こういった学校の行事に招待してもらえていい席から見せてもらえ
るのは会長の役得といえます。

それも、今月で終わるかと思うと少しだけ淋しい気もしますね。


2010.03.04 Thu
企業に義務付けられている年に1回の健康診断のため市内の
総合病院に行ってきました。

検診日は前日の夜9時から飲食禁止になるので、はやめに
済ませてしまいたいものです。

毎年、検査内容はほぼ同じなためまあ、慣れたものなのですが
今年はバリウム検査が標準コースで付くようになったようで、
数年ぶりにバリウムを飲むことになりました。

検診が全て終わったら、お茶と菓子パンをいただきました。
今まではなかったので、新しいサービスなのでしょう。

病院も、いろいろ進化しているようです。



2010.03.02 Tue
先日紹介した息子の部屋が長女はうらやましいそうです。

北側でうすぐらーくて、せまーい部屋なのに、

理由を聞くと「せまくて落ち着く」そうです。

ふだんお客様に、「子ども部屋はいい場所につくると成長して
からも、居着いてしまってなかなか自立できないから、快適に
しないほうが方がいい」

と説明しているのに、そんな部屋がいいそうです。

ひょっとして貧乏性なのか?

2010.03.01 Mon
我が家に来てまる1年が経過したイシガメ君たちですが、
彼らの住む水槽は底面フィルターを外部フィルターに接続して
強力に濾過しているので、手入れが少なくすんで助かっています。

とはいえたまにはフィルターを掃除しないと濾過能力が落ちてきます。

外部フィルターは1ヶ月に1度ぐらい、底面フィルターは4ヶ月に
1度くらいですが、掃除をしています。

CIMG3992.jpg


外部フィルターは自作水槽台の中に収まっているテトラ製「ユーロ 
EXパワーフィルター 75」60cm水槽では十分な濾過能力があるはず
なのですが、カメは大量に水をよごすのでこれだけでは足らず、底面
フィルターを追加しました。底面フィルターは底砂の下向きに水流を
発生させるので砂の間にフンが吸い込まれて、一見水槽が汚れていな
いように見せる効果があります。

DSC00740.jpg


フィルターの掃除は飼育水で濾過材をゆすぐたけですが、かなりよごれが
たまっています。

ゆすいだ後の水は、養分がたっぷり入っていますのでプランターの苗に
まいてやります。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。