おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.27 Sat
美濃市の森林文化アカデミーで「岐阜県産材スギ横架材スパン表利用講習会」
があったので、受講して来ました。

木構造の断面の大きさを決める時は大半が経験によるもので、これくらいの
空間を造る時はこの大きさという具合に決めるのが実は一般的です。

構造計算をすれば、その大きさがOKなのかどうか計算値で判断できますが、
費用と時間がかかります。

スパン表はその中間的なもので、いろいろな条件を表から読み取ることで
部材の大きさを判断します。

岐阜県は県産材の利用促進に力を入れているのですが、岐阜県産のスギ材に
適応できるスパン表というのが今までなかったので、このアカデミーで500本
近くのスギ材を破壊試験したデータを元にスパン表を作成したそうです。

実際は、経験で想定した断面の大きさというのは安全を見る傾向にあるので
スパン表や構造計算で割り出した大きさより、大きくなりがちです。

経済性や、確実さ考えるとこういったツールや構造計算を活用するとよいと
思います。

午後からは、耐力壁付き梁の曲げ実験を見せてくれました。

こういった、実物を使った実験をしてくれるのが森林文化アカデミーのいい
ところです。


100227_1411~03


これは大梁の上に2階の耐力壁がのっているところを再現しています。
この上部に横荷重をかけて梁の変形を見る実験をしました。

大梁にはなるべく荷重をかけないようにプランをしていますが、この実験では
意外に梁が丈夫なことがわかりました。

この他にも何種類かの実験があり充実した講習会でした。

スポンサーサイト
2010.02.26 Fri
もうすぐ小学生になる息子のために家事室を改造して子供部屋にしました。

DSC00739.jpg


4帖しかないのでベッドと机をおいたらほとんどスペースはのこりませんが、
それほど問題は無さそうです。

本格的に使うようになるのは、まだ、当分先だとは思いますが、こうやって
少しずつ準備をすることで本人も進学することを自覚しだしたようで、入学を
楽しみにしています。







2010.02.25 Thu
今年も花粉の飛散するシーズンに突入しました。

減感作療法を開始して2年がたち今でも毎月アレルゲン
の接種にさいとうクリニックさんに通っています。

そのかいもあってか、今のところ花粉症の症状はまったく
ありません。

今年は昨年の冷夏の影響で花粉飛散量も例年より少なめと
いう予報も出ているので、それほど苦しむことなくシーズンを
乗り切れるのではないかと期待しています。


2010.02.23 Tue
プレカット工場に打合せに行くと上棟を控えた住宅の構造材があちこちに
積んであります。

それを眺めながら事務所の中に入ってゆくのですが
ちょっとその加工が気になったので写真を撮ってきました。

4寸(120mm)角の通し柱に仕口加工がしてあります。

DSC00696.jpg


これが建物の中心の柱だと全ての面にこの様な加工がされるので
かなり弱くなってしまいます。
実際地震時に折れてしまうこともあるようです。

ですので、私が設計する時は5寸(150mm)の柱にしています。

DSC00698.jpg


こちらは、2階の床を受ける梁(巾105mm)の上面です。

両側から別の梁がかかり、上に柱を立つため、ほぞが彫ってあります。

建築基準法では梁の下側の切り欠きについての規定があるだけで
こういった仕口については何も記述はありませんのであまり問題になること
はありません。

しかし、計算してみると、加工していない材料に対して、断面積で40%減、
変形しにくさを表す断面二次モーメントで60%減にもなりますので、
出来るだけ、太い材料を使いたいところです。




2010.02.22 Mon
会社で使用しているパソコンが頻繁に再起動するように
なってしまいました。

よく観察していると、USBのケーブルを本体に差し込む時に
「パチッ」と静電気が起きて再起動。イスに手をかけた時に「パチッ」
と静電気が起きて再起動。と、どうやら静電気が関係しているようです。

これでは仕事にならないので、とりあえず電源コードをコンセントから
引っこ抜いて差し込みプラグのところからでているアースの端子をクリップで
スチールデスクの引き出しに挟んで出かけました。

数時間後に戻って、パソコンを起動しましたがとりあえず大丈夫そうなので、
アースできたようです。

古い事務所のためコンセントにアースはついていませんので、アースをとる
工夫がいりそうです。






2010.02.21 Sun
自宅の裏の駐車スペースに轍ができて水がたまるようになってきたので
採石でうめることにしました。

2トンダンプに1車分持ってきてもらったのですが、轍をうめただけでは
だいぶ余ったので、駐車スペースに広げることに。

こういうときは子ども達の出番です。

DSC00652.jpg


息子はあまり戦力になりませんが、娘たちはよく働いてくれました。
30mmの粗めの砕石なので、靴について車内を汚すこともなく、いい感じです。

ただ、1車分では中途半端にしかしけなかったのでさらに
2車分追加して全体に敷くことになりました。


R0017239.jpg



R0017240.jpg


自分たちで敷きならしをしたのでお金もそれほどかからずきれいにすることができました。

2010.02.19 Fri
息子が通う保育園で「劇ごっこを見る会」があったので見てきました。

DSC00686.jpg


毎年のことですが、観客席は保護者でごった返しています。
しかし、大半の人が自分の子供しか見ていません。

さて、うちの息子はと言うと、「かたあしダチョウのエルフ」の主役エルフになりきって
がんばって演じていました。東山動物園まで研究に行ったかいがありました。

IMG_8055.jpg


それにしても、園児の指導だけでなくこれだけのセットと衣装を用意する、
先生方には頭が下がります。










2010.02.18 Thu
私の住む地域には「子供見守りボランティア」という組織があり、子供たちの
登下校時に横断歩道に立ったり、パトロールカーで巡回してくださったりと、
子供たちや地域のために活躍していただいております。

日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを伝えるための感謝の会を学校で開きました。

PA0_0003.jpg


私も保護者の代表として、感謝の言葉を述べさせていただいたのですが、
日頃、ありがたく思っていても改まってお礼を言う機会もなかなかないもの
ですから、いい機会を与えていただけました。

出席していたボランティアの方々からも暖かく心強いお言葉をちょうだいし
とてもいい会になりました。

ちなみにうちの長女も児童会長として感謝のあいさつをしていました。






2010.02.16 Tue
先日の資源回収で今年度のPTA行事もほぼおわりました。
あとは、次年度の役員さんたちが4月から戸惑うことなく活動が
はじめられるようにしっかり引き継ぎをしていかなければなりません。

先ほども学校に集まって次年度について話し合ったのですが、そのときに
次年度会長に引き継いだ連絡網について紹介します。

無料のネットツールで「らくらく連絡網」というサービスです。

このツールを使うと携帯メールでメーリングリストを構築することが出来ます。
無料のサービスなので、受信したメールには広告が入っていますが、それさえ
気にしなければ、かなり便利に使えます。

メーリングリストなので、登録した人全員が情報を共有できます。
メールだけで意見交換ができますので、議論が展開したことも何回かありました。

メーリングリスト以外にもスケジュール管理やコミュニティ機能など、いろいろな
機能があり、まだまだ使いこなせていない部分がたくさんありましたので、次年度
の役員さんたちにはもっと活用して、コミュニケーションをとっていってもらいたい
と思います。



2010.02.15 Mon
今年度最後の資源回収を行いました。

DSC00632.jpg



役員さんをはじめ大勢のPTA会員さんの協力でたくさん集まりました。

経済情勢の悪化で昨年度あたりから急激に回収品の引き取り価格
が下がっていますので、金額にしたら以前よりかなり少なくなって
しまいました。

それで減少分を少しでも補えるようにと、本部役員さんの提案から
コミック本を回収に加えてそれを古本屋に持ち込むことをはじめて
みました。

今年度はそうやって集めた資金で以前紹介した、図書館のバーコード
システムや体育館でつかう大型のストーブなどを購入することが出来ました。

子ども達のために協力して下さった地域の皆様、PTAの皆様に感謝です。
そして子ども達自身が学校に入った備品がそういった努力の賜だということも
ちゃんと伝えていくことが重要です。

2010.02.13 Sat
関市内の小中学校生を対象にした「子ども美術展」に長女と次女の作品が
出展されたとのお知らせがあったので、早速見に行ってきました。

図工などの授業でとりくんだ作品で1クラスで10名ほどが選ばれるようです。

たくさんの作品が展示してありましたがどれもさすがによくできていました。

DSC00628.jpg


長女の作品がこちら「がんばれ!あともうすこし」というタイトルの版画です。
陰影がうまく表現してあります。

DSC00623.jpg


次女のは「ぞうむし」というタイトルの木の造形作品です。テーマは自由だったそうですが
次女らしいかわいらしい作品でした。

DSC00625.jpg


2010.02.12 Fri
木をつかう仕事をしていると端材がたくさんでます。
木っ端といえ処分しようとすると産業廃棄物になりますので
お金もかかります。
もちろん分別もしなければなりません。

しかし、これを燃料として利用すれば立派なバイオマスエネルギー
になります。
暖を取るために焚き火にくべる木も燃料といえます。


冬はちょくちょく近所の方が焚き物をとりにやってきます。
使いやすい大きさにするために丸のこ持参です。
薪ストーブに使う方もいらっしゃいます。

おかげで処分場に運んでもらう回数も少なくなって助かります。


DSC00615.jpg




2010.02.11 Thu
最近、古民家の耐震についてご相談をちょくちょく受けるようになりまして、
昨日も築70年ほどの住宅を見せて頂きました。

こちらの建物は平屋で構造の組み方などはしっかりしていたのですが
驚いたのは、建物の外周廻りのみですが、コンクリートの基礎がつくって
あったこととさらに、土台と基礎の間に木製の基礎パッキンがはさんであ
ったことです。

DSC00593.jpg



ご主人さんのお話だと新築当時からこの状態だったそうで、それが事実ならば
当時としてはかなり先進的な建物だったといえます。

床下はかなり湿った状態でしたが、土台に腐った様子がなかったのはこの
パッキンの効果だと思われます。

新しい技術を取り入れる時にはそのことによる影響を長期にわたって検討して
対策をしておく必要があるのですが、コンクリートの基礎を造ったときにそこ
まで考えついた当時の棟梁には頭が下がる思いです。

またひとつ勉強になりました。


2010.02.10 Wed
我が家の浴室には「魔法のしる」なるものが存在します。

あつい風呂の嫌いな息子はこの「魔法のしる」をお湯にいれた
あとに肩までお湯につかって20まで数えるとあつさを感じなく
なるのです。

DSC00606.jpg


これが「魔法のしる」ですが、ただの入浴剤だということは
ないしょです。

2010.02.08 Mon
日本観賞魚振興会というところで 観賞魚で乾燥対策キャンペーンを行っているそうです。

dry_goldfish01.jpg



季節性インフルエンザなどのウィルスは室内の湿度が低いと感染しやすいので
湿度を上げるために観賞魚の水槽を設置しましょうとのこと。

熱帯魚の水槽はたいてい26℃くらいになるようにヒーターで加熱していますし、
エアーポンプでエアレーションすることで蒸発しやすくなっています。

実際、我が家でもカメの60cm水槽の水は1週間~10日おきにバケツで追加していますので
1日1リットルぐらいは加湿していることになります。

昨年の冬はストーブにヤカンをおいていましたが、それをしていなくても湿度が40%を下回る
ことはないようです。

水槽を眺めていると和みますし、生き物を飼うことは情操教育にもなります。
管理やメンテナンスなども意外と楽しいと思いますので
加湿器を買おうと思っているのならその前に水槽の設置を検討してもいいかもしれません。




2010.02.07 Sun
市PTA連合会にとって今年度、最後にして最大の行事「PTA研究大会・情報
交換会」が開かれました。
市内には小中学校合わせて30校あるのですが、各校のPTA役員が一堂に
集いました。

DSC00547.jpg



午前は小学校の部、午後から中学校の部で、それぞれ2校がPTA活動の
実践内容を発表した後、テーマ事に5~6カ所の会場に分かれて、情報交換会
をしました。

他校の活動内容を聞くことで、自分たちの活動と比較したり、新たな発見があったり
と有意義な時間を過ごすことができました。

とはいえ、もう今年度も終わりなので、今日得た情報を生かすのは、次年度以降になります。
近日予定されている引継ぎ会ではそのあたりも含めて引き継いでいきたいと思います。


2010.02.05 Fri
住宅版エコポイントの詳細もようやく決まってきたようです。

詳しくは国土交通省のHPを参照していただくと良いのですが
以前受けた講習会からずいぶん内容が変わってきています。

例えば、

エコリフォームのポイント上限が 15万ポイント→30万ポイント

エコポイントの発行対象期間が 
エコ住宅の新築:平成22年12年31日までに着工 → 平成23年6年30日までに着工(一戸建て)
エコリフォーム:平成22年12年31日までに着工 → 平成23年3年31日までに着工

といった具合です。

新築の場合一戸あたり30万ポイント発行してもらえるのは以前からの情報どおりなのですが、
エコポイントの対象住宅であることの証明書を審査機関で発行してもらうのに2~3万円の
費用が発生するようです。またその手続きのための経費もかかりますので、実質は1~2割
差し引いて考えた方が良いようです。





2010.02.03 Wed
節分に食べると縁起がよいといわれる恵方巻き。

子供の頃にはそんな風習はなかったような気がしていたのですが
広まったのはここ数年のことで、広めたのはコンビニ業界だそうです。
お客様でコンビニの店長さんをしている方がおられるので、毎年
そのお店で買うようにしています。

今年も恵方を向いてかぶりつきました。

縁起が良いといわれるとどうしても手を出してしまいますよね。

CIMG3963.jpg



2010.02.02 Tue
家づくりに限ったことではないのでしょうが
誰しも何かこだわりたい部分があります。

我々が住まいの造り手としてお客様に提案していく中で、
これらの「こだわり」には必ず優先順位が発生します。


1.は耐震性や安全性、耐久性に関することや健康に害を与えないこと

2.は省エネ性能や1.に+αの部分、使いやすい間取りや快適性など。

3.はデザインや便利な機能など



依頼主の目から見ると優先順位は 3>1>2 となることが多いです。
しかし予算に余裕があまりない場合、
依頼主はどうしても、2.を削っていこうします。
目先のきれいさや立派さ、憧れということもあり、あきらめられないのかも
しれませんね。

しかし長い目でみると、やはり生活に直結する部分になりますので
2.を重視して欲しいと思います。
車も新車の時は満足していても、だんだん燃費や取り回しが気になる
ようになるのに近いですね。

造り手である我々としては、1>2>3 として欲しいと願っています。

そこのところをいかに説明して理解して頂くことができるかが
難しいところです。





2010.02.01 Mon
最近お気に入りのラー油です

CIMG3958.jpg


花山椒の実が入っていて、これをかけるといろんな料理が
すべて「四川風」になります。

半年で1本使い切りそうな勢いです。
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。