おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.27 Thu
「直下率」という言葉を最近、あちこちで聞くようになりました。

直下率とは、木造の2階の柱や壁の位置が1階の柱や壁の上に乗っている
割合のことで柱の直下率が50%を境にそれを下回ると事故が急増するそうです。


chokka_hyou.jpg


これまでも、もちろんそういったことは意識しながらプランニングをしてきたつもりですが、
ちょっと気になったので、自分で設計したここ数年の物件をいくつか計算してみました。

計算自体は、1棟5分程度でできる単純なものなので10棟ほど計算した結果は、
60~70%が大半で60%下回るものはなかったので安心しました。

chokkaritu.jpg


中には直下率90%以上をうたっているハウスメーカーもあるようで、
もちろん直下率が高いほど安全性が高いのは間違いないのですが、
それにこだわりすぎると間取りの自由度が限られてきます。
ですので、あくまで一つの指標とするべきであるということと、
直下に壁や柱が無い場合の荷重の伝達経路をしっかり考えておく
ことが重要なのではないかと、今回計算してみて感じました。



スポンサーサイト
2009.08.22 Sat
会社から5分ほどのところではじまったリフォーム現場に向かうため、
車を走らせていると道路の前方を猿が横切りました。

車を止めてカメラを探しているうちに田んぼの向こう側まで行ってしまった
のですが、どうやら小猿のようです。

エサを探しているうちに群れからはぐれてしまったのでしょうか?

冬には猪や猿がでることはたまにあるのですが、この時期に見かけると
いうことは聞いたことがないので、山にエサが不足していてふもとまで
おりてきたのかもしれません。

こんなところでも冷夏の影響がでてきているようです。

bR0015482.jpg



2009.08.20 Thu
岐阜県被災建築物応急危険度判定士養成講習会に行ってきました。

応急危険度判定士というのは、大地震で被災した建物が危険な状態か
判定する人のことで、役所の職員と一般の建築士で構成されています。

阪神・淡路大震災の頃には、この制度は静岡県と神奈川県にしかなかっ
たのが現在は全国で10万人、岐阜県で1900人程の登録があるようです。

今まで岐阜県の場合は実際の震災現場は役所の方が派遣されていた
のですが、今後は建築士にも派遣依頼をするとのことで、私もそのリストに
入っているそうです。

というのも、震災現場では徒歩での移動が大半で一日中歩き回ることになる
ので若手から選ぶという基準で建築士会の地元支部から名前を挙げられて
いて、近隣の県で大地震が起こると派遣の要請があるかもしれないとのこと
です。

今回の講習は5年ごとの更新のために受けてきたのですが、マニュアルの
中身をなぞるだけのちょっといまいちな内容の講習でした。
実際に判定士として経験された方の話などが聞けると良かったのですが。

実際に、派遣されるような日が来ないといいのですが、いざというときのために
日頃から体力づくりをしておかないといけませんね。



2009.08.17 Mon
お盆休みは高校以来の友人4家族と集まって市内の川原でバーベキュー
をしました。

食後はスイカ割りをしたり、

SN3J0120b.jpg


川遊びをしてのんびりすごしました。

SN3J0117b.jpg


捕まえた魚(たぶんヨシノボリ)はもってかえってカメの水槽へ投入!

CIMG3040b.jpg


新しい仲間が増えてカメも喜んでるようです!?

CIMG3038b.jpg







2009.08.07 Fri
申請していた長期優良住宅の認定がようやくおりてきました。

長期優良住宅にすると何が変わるかというと、
メンテナンスの体制などの計画をはっきりさせるくらいで、
建物自体は今まで私たちが造ってきた物とほとんど変わ
りませんでした。
ただ、長期にわたる定期的なメンテナンスが最初からはっきり
決まっているというのは、かつての「建てたらそれで終わり」
という建築業界の慣習からすると大きな前進です。

ただ、申請のための書類の量や審査にかかる時間は大幅
に増え、今回の物件で言うと6月の末に契約して頂いてから
図面、書類の作成に2週間と審査で3週間と約1ヶ月半かかりました。
審査機関や役所にも5~6回足を運びました。

国の方針としては、この長期優良住宅の普及にかなり力を
入れているようで、さまざまな税制優遇や、今年度に限っては
100万円分の助成が受けられるので、盛り上がって?いますが、
本当に普及させたいのであれば、もう少しこのあたりを短縮でき
るようにしてほしいものです。


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。