おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.30 Wed
26日の月曜日が土曜参観授業のおかげで休みになったので
それを利用して、日曜から火曜日まで東京までいってきました。

 1日目 東京ディズニーランド
 2日目 キッザニア、ディズニーシー
 3日目 イクスピアリでお買い物

この中でも、今回の一番の目的はキッザニア

kizania1.jpg


キッザニアは子供が主体となって、いろいろな職業の疑似体験
ができる施設で、完全予約制なのですが、
すごい人気でなかなか予約がとれなかったのが、今回ようやく
いってくることができました。

各パビリオンは子供しか入ることができず、親はガラス越しに
見ているだけなのですが、子供たちはインストラクターの方の話を
よく聞いて、真剣に体験にとりくんでいました。

そういう姿をみることで、子供の成長を実感することができたのも
収穫でした。

岐阜からは車で4~5時間かかるので、そうそうはこれませんが、
機会があれば、また連れて行ってあげたい施設です。



平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全




スポンサーサイト
2008.04.25 Fri
地元密着営業といえば、現在5歳の息子の通う保育園の
砂場に砂を補充しました。

この保育園には、5年前に長女が年長児の時に父母の会(小学校でいうPTA)
の本部役員を務めたときから、細々としたお仕事を頂いております。

砂場の砂はは毎日子供たちが砂まみれになって遊んでいるうちに
徐々に少なくなっていきます。

子供の服を脱がせたときにサラサラと砂が落ちることはよくあると思います。
こうして、少しずつ少しずつ園児は砂をお家へお持ち帰りするのです。
そのようにして減っていった砂は、実に一年で2トンダンプ車に2台分!
この分の補充を毎年当社が請け負っています。

さて、この保育園の砂場なんですが、藤棚が上にあって、ダンプが近くまで寄り付けられません。
仕方なしに手前に砂を下ろすのですがそこからは、人力ショベルで砂場に移します。

ここで、ちびっ子作業員登場です。


R0011480.jpg



みるみるうちに砂を砂場まで運び入れ、
砂山を小さくしていきます。


子供たちのパワーにはいつも、びっくりさせられます。



平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全




2008.04.16 Wed
小学校のPTAの役員がまわってきました。
本年度副会長、次年度会長という大役です。

仕事柄、いずれはそうゆう話もあるだろうとは思っていましたが、
予想外に早くまわってきました。

引き受けた以上はがんばって取り組むつもりですが、
PTAの組織については、ほとんど知識がありません。

昨晩、今年度初の役員総会を行いまして、これから本格的に活動が
はじまるわけですが、私を含めて、各役員さん達も引き継いだばかりで
どうしていいかわからず右往左往していました。

例年こんなものだといわれましたが、もう少し事前に打ち合わせして
もらいたいものです。

とりあえず、今月末のPTA総会に向けての準備で忙しくなるそうですが、
ちょっと不安なスタートを切りました。



平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全


2008.04.07 Mon
先日、地元自治会の年中行事「溝ざらえ」に参加しました。
昨年、自治会のつきあいを父と交代してから初めての参加でした。

これは、村中の農業用水路を清掃する作業で、農繁期に入る前に
一年の内にたまった土や落ち葉をすくい上げます。

SA390104.jpg


もともと農村だったのでほとんどの住民が農業に従事していたため、こういった
行事が今でも残っているのだと思うのですが、最近では、半数以上の方が会社勤務で、
農業には携わっていません。私もその一人ですが、作業は村人全員で行います。
作業は早朝からはじめて、1~2時間でおわるので、それ程重労働でもありません。
その後一度解散して、お昼にもう一度集まってお酒を飲みながら食事をします。

このような行事が2ヶ月に1度くらい行われているのですが、以前は3ヶ月に2回くらいだったので
徐々に簡素化はしているようです。

「田舎はつきあいが大変」という声をよく聞きますが、この程度ならお付き合いしていけそうです。
ただ、やはり高齢化が進んでいて同世代の人がいないのはさみしいですね。

地価もすごく安いし、子育てするにはいい環境なので、これから土地を探す人は
こんな田舎も候補に入れてくれるといいですね。



平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全




2008.04.01 Tue
みの百年の家projectで学んだことは
新築の住宅で最大の効果を発揮すると思いますが、
リフォームや現在住んでいる住宅に応用することで、
住環境を改善することもできます。

私の自宅でも、できることから少しずつやっているのですが、
今年の冬は、リビングに温湿度計をおいて、
温度20℃、湿度40%を下回らないようにしました。

40%の湿度というとそんなに高くないように感じますが、
寒い日にそれを維持するのは結構大変で、油断するとすぐに、
30%前半まで下がってしまいます。

加湿器はを使わず、ストーブの上にやかんをおいたり、
洗濯物の室内干し、観葉植物を置くなどで加湿しました。

これで、家族が風邪やインフルエンザにかかりにくくなればいいなと
思って実践していたのですが、意外な効果がありました。

うちの奥様は帯電体質で、毎年冬になると、あちこちでバチッと、
なっていたのですが、今年はそれがまったくなかったといいます。

肌あれや手荒れもそんなになかったそうです。

昨年は一家中インフルエンザにかかって大変な目に遭いましたが、
それも今年は一人も罹患者を出さずにすみました。風邪ひきは出ましたが。

加湿って、やっぱり大切ですね。



平田建設 岐阜県 新築 住宅 みの百年の家project 健康 省エネ 安全



Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。