おしらせ家づくり設計雑記PTA家電・デジモノ生物DYIアウトドア日記こども未分類
毎度ありがとうございます! こちらは平田建設(株)の公式ブログです。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.04 Tue
鉄が温度変化で膨張収縮することはよく知られています。

しかし、コンクリートも同じように体積が変化することは
あまり知られていないようです。

しかも、この膨張率は鉄とほぼ同じため鉄筋コンクリート造
という構造が成立すると、昔、学校で習った記憶があります。

鉄と同じくらい伸び縮みするといっても、コンクリートは
硬くて粘りがないため割れやすいです。

土間コンクリートなど広い面積のコンクリートの表面に
ひびが入っているときはこれが原因のこともありますので
あらかじめ収縮目地を入れておくと安心です。

スポンサーサイト
2011.02.10 Thu
3D建築CADのアーキトレンドZの実演セミナーに参加
してきました。

特に導入の予定がある訳でもないのですが、今使っている
CADソフトも古くなってきているので情報収集が目的です。

DSC04196.jpg

さすがに有名なソフトなだけあってサンプルプランを短時間で
作成することができました。その上、お客様に提示するための
資料まで自動で作成してしまいます。

ただ、便利な機能を追加していくと100万円を軽く超えるような
高級品ですので簡単に「これ下さい」という訳にはいきません。

使ってみて驚くのは、これだけの高級ソフトがフリーソフトである
「JW-CAD」の操作方をかなり意識した作りになっていると言う
ことです。

JW-CADの偉大さを改めて感じました。

2011.02.01 Tue
「省エネルギー木造住宅の建て方」という講習会に参加してきました。

全国で開催されていて、国からの委託事業なのか受講は無料でした。

この手の講習会は講師の方がテキストを読んで終わりということが多く、
テキストをもらえればいいか程度のつもりで参加したのですが、今回は、
めずらしく講師の方が実際に省エネルギー住宅の施工を手がけている方の
ようで、断熱材の施工方法や、気密処理の仕方の解説もされました。

弊社の施工方法を思い浮かべながら、話を聞いていたのですが、まさに自分
たちがやっていることと、同じことを言われていて、私たちのやり方が実に
教科書どおりの施工であると改めて思いました。

基本に忠実に施工してはじめて断熱・気密は効果を発揮するのですが、
それができていないと、かえって結露を引き起こすことにもなりかねません。

そういった注意点もことろどころに出ていて内容的には充実した講習会でした。





2010.12.14 Tue
岐阜県の認定資格である木造住宅アドバイザーのスキルアップ講座
に参加するため森林文化アカデミーまで行ってきました。

講義内容は木造住宅の構造と省エネについてです。

森林文化アカデミーでは、木造住宅について非常に深く研究されており、
毎回、参考になる話がきけてタメになります。

構造については、現在の構造の算定基準がもう古くなっていて実状とあってきて
いない部分があるから注意するようにとことで、

省エネについては、建物の省エネ性能だけでなく、住んでからの使用エネルギー
を削減することまで含めて、提案できるようにということでした。

講義の後は県産材需要拡大ビジネスミーティングと題して、県産材の生産・販売
する業者数社との面談で意見交換をしました。

県は県産材の消費拡大のために、真剣に取り組んでいる姿勢がうかがえました。

2010.11.11 Thu
住まいの構造改革推進協会の正会員は3年ごとに「耐震技術者研修」
を受講しなければならないため、名古屋国際会議場まで出かけて受講
してきました。

SN3J0473.jpg


CASBEE戸建て評価員の資格試験の時もここで受けたと思ったのですが
こんな巨大な象があったとは知りませんでした・・・。

さて、今回の講習は耐震についての考え方や、診断方法、柱の引き抜き力の
算定の仕方などで、3年前に受けたものと内容はあまり変わっていなかった
ような気がしますが、記憶が薄れてきていた部分もあり、いい復習になりま
した。

今週末は、VRテクノプラザで耐震セミナーもあり、一般の方の耐震相談も
受け付けています。今なら記憶が新しいのでどんどんご質問下さい!


Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。